人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

華麗なる集大成 オランダ対スペイン

はたして’08年の欧州チャンピオンが、今までのジンクスを破り
優勝するのか。欧州では欧州、南米では南米、それ以外では
南米が優勝というジンクスは決勝のカードで破られている。

スペインはその華麗なるパス回しでどう
オランダの破壊力を防ぐのか見ものだった。

スペインもオランダも慎重に攻めてかつ守っていた。
どちらかというとこぞって攻めるという感じではない。
ただうまいチーム同士で決定機は数多くあった。

先に決定的になったのはオランダだった。
ロッペンが完全に一人で抜けた。
これは決めるだろうと思い見たが
GKカシージャスが足をよく出して防いだ。

スペインはオランダのうまい攻めを
カードを切って防いだ。
トーレス、セスクでどう攻撃しようかという
意図を見せた。

延長に入った。
オランダは退場者を出し、
さすがに耐えきれなくなっていた。

延長が終わる少し前
トーレスが起点になり、セスク・ファブレガスがパスを出し
いいところにイニエスタがファインゴール。
勝負はついた。

スペイン悲願の初優勝。
パスサッカーが欧州だけでなく、世界でも通用することを
知らしめた。
華麗なる集大成 オランダ対スペイン_e0083922_16151170.jpg

組織と個々の力の融合と集大成を
この大会でまざまざと見せつけた。

破壊力のある攻撃ではない
でも失点を最小限にし、自分たちがうまく得点し
勝ちきる強さ。
とくにドイツ戦でそれはよく見せつけられた。

スペインの華麗なパスサッカーが
とうとうお手本にある時代に突入した感がある♪

by dopi19 | 2010-07-15 16:16 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

怒涛の4点 アルゼンチン対ドイツ

あくまでも総合力、個々の力もアルゼンチンは上だった。
足りないのはメンタル面だったのかもしれない。

3分で1点を決められる不利な展開。
アルゼンチンは面くらった。

ところがこの得点以上に
ドイツは充実していた。

若い選手が思い切りプレーできる
いいチームを作ってきた感がある。

その代表格がエジル。
変幻自在のパスを通す器用さを持っている。

アルゼンチンはメッシを中心に攻めるが
逆にメッシが孤立していた。

ちぐはぐするアルゼンチンに対して
ドイツは面白いように攻めた。
怒涛の4ゴールだった。
怒涛の4点 アルゼンチン対ドイツ_e0083922_1352972.jpg

アルゼンチンは攻めてはいたものの
決定力を欠き無得点。
惨敗だった。

ドイツのすごさはどこまで通用するのか
今後どうゴールをまた取るのか
次が楽しみでしょうがない♪

by dopi19 | 2010-07-06 01:36 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

青いカナリア オランダ対ブラジル

はっきり言ってブラジルのセカンドジャージを初めてみた。
それだけブラジルは黄色のジャージのイメージが強かった。
だからカナリア軍団と呼ばれているのだと思う。

青いジャージのブラジルは1点を軽く取った後、苦しんだ。
オランダの変幻自在の動きに困惑したようだった。

スナイデル一人にやられた感もある。
しかしフェリペメロの退場はロッペンに向けられたものだと
知るとやはりオランダの動きは充実していた。

ブラジルは守りに入ってはいなかったか。
1点を取ってある程度安心してはいなかったか。

オランダは攻めた。
ブラジルの速い攻撃に対して
オランダはチャンスとみると集中して攻めていた。

オウンゴールで自滅した。
2点目も一瞬で奪われた感がある。
青いカナリア オランダ対ブラジル_e0083922_1102850.jpg

ブラジルはこんな簡単に敗退するとは思わなかった。
逆にオランダは充実していたと思う。

今回はだめでも次回は自国開催。
ブラジルは次大会に全精力を傾けることとなる♪

by dopi19 | 2010-07-06 01:10 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)