人気ブログランキング |

カテゴリ:ワールドカップ( 114 )

日本サッカーは勝てるのか

 あと1ヶ月後にはサッカーの話題で持ち切りになる。

それはロシアで物語が始まるからだ。

 ワールドカップロシアである。

 

 私は近頃フットボールをあまり見ていない。どちらかというとラジオを聴きながら、なにかしているのが好きだ。だからフットボールはNHKBSなどで深夜、ヨーロッパの試合を放送しているので、見られるのだが見ていない。イングランドプレミアリーグが好きで録画もしているのに見ない。体たらくである。


 それでも1ヶ月後は毎日フットボール漬けだろう。好きな国の試合は生で見たいし、もちろん日本戦は必ず見るだろう。

 時間が21時とか23時がつらいのだが、あとは早起きで見られるはずだ。また日本戦は興奮して眠れないかもれないし、起きてしまうかもしれない。だから生で見ようとは思う。


 さて日本はハリルホジッチ監督を更迭して西野朗監督になり、心機一転、徐々にペースをあげてくるだろう。監督交代については述べないがこれはこれでいいとは思う。

 ただ大会で当たるチームは、コロンビア、セネガル、ポーランドと、どれも強豪である。コロンビアは以前に痛い負け方をしているし、ポーランドは欧州でもレベルは高いほうだ。

 いったい日本はワールドカップで勝てるのか。

e0083922_23585360.jpg


 答えは否である。まず勝てないといっていい。メンバーが発表され、30日にガーナとテストマッチだが、今後の調整で変わっても、実戦で果たして勝てるのか。勝てない可能性が大だ。

 最低でも1勝1敗1分けでいきたい。コロンビアで分けて、セネガルで勝てば、ポーランドには負けても、なんとか決勝トーナメントまでいけそうな気がする。まずは1戦目のコロンビア戦ですべてが決まる。

 

 どう考えてもコロンビアには勝てない。どうか引き分けてほしい。日本のフットボールの意地を見せてほしい。ハメス・ロドリゲスがいる。彼だけマークすればいいとは思えないが、全体的に速い攻撃をする。DFは要注意だ。あとは攻めて1点でももぎ取ればなんとかなるかなとは思う。


 応援しよう。たとえいい結果がでなくとも選手は必死で戦う。我々はその背中をおしてあげられるのだ。



by dopi19 | 2018-05-17 00:01 | ワールドカップ

アウェイの本気度 サウジアラビア対日本

6万2千の観衆の叫びはすごかった。

完全アウェイである。

またサウジアラビアは勝てば

ワールドカップ本戦出場が決まる。


日本は出だし好調だった。

いいリズムでボールを回していた。


徐々にサウジの攻勢にひるんだ感がある。

チャンスはあった。


33分昌子がヘディングで合わせた。

49分にも酒井宏樹が押しこむがだめ。


サウジアラビアは本気だった。

この32度の悪コンディションの中、

選手は必死だった。両者ともバテていた。


そんな中フレッシュなムワラドが63分

抜け出し、強烈なシュートが決まった。

痛すぎる失点だった。


中盤が少し、走れない分ルーズになっていた。


88分にも決定機があった。

久保が合わせそこないゴールならず。


相手は時間をうまく使った。

最後は大喜びで試合は終わった。


残念だが負けてしまった。

ただ今後が本当の勝負だ。


ヨーロッパでプレーする選手も多く

なかなか代表選手が集まれない。

e0083922_04425162.jpg

またワールドカップではどんな強豪と

あたるかわからない。

必ずヨーロッパや南米のチームとあたるのだ。


さあ、あと9ヶ月。

胸を張ってロシアに乗りこもう!



by dopi19 | 2017-09-06 04:43 | ワールドカップ

若き勇士の台頭 W杯出場 日本対オーストラリア

どうなることかと気にしていたが、

終わってみれば大満足な試合だった。


オーストラリアには確かに

印象が悪いことが多い。


ドイツワールドカップの一次リーグで

よもやの逆転負け。


この最終予選でもアウェイでは引き分けである。


それにしても若い選手がよく働いた。

大迫はポストプレーでよく貢献した。


少し年上だが乾の運動量は

凄まじかった。


そしてこの試合まず先制は41分の

浅野のゴール。

長友がいいクロスを上げたが

ほとんどオフサイドギリギリで決めた。


またオーストラリアは前のような

ロングボールでフィジカルにくる戦法をしない。

これがこの試合で今の日本代表のプレーに拍車をかけた。


パスにはパスとプレッシャー。

高い位置で奪い、シュートを浴びせた。


ただ2点目をとるかと思いきや

オーストラリアはユーリッチやケーヒルを出し、

ゴールをうかがう。

危ない場面もあった。


この試合で勝負を決めるため

2点目をとらなくてはならない。


そのチャンスは何度もあったが

決定機を逃した。


しかし82分井手口が見事な

強烈なミドルシュートを決めた。


ワールドカップをたぐり寄せた。

香川も大久保もましてや本田もいない。


その若き選手が多い、また控えも若手がいる

この代表で勝ちきったことは大きい。

e0083922_07335007.jpg

さあ、本番でどんなフットボールを見せてくれるのだろう。

一年後には結果が出ている。



by dopi19 | 2017-09-01 07:16 | ワールドカップ

若き勇士の台頭 W杯出場 日本対オーストラリア

どうなることかと気にしていたが、

終わってみれば大満足な試合だった。


オーストラリアには確かに

印象が悪いことが多い。


ドイツワールドカップの一次リーグで

よもやの逆転負け。


この最終予選でもアウェイでは引き分けである。


それにしても若い選手がよく働いた。

大迫はポストプレーでよく貢献した。


少し年上だが乾の運動量は

凄まじかった。


そしてこの試合まず先制は31分の

浅野のゴール。

長友がいいクロスを上げたが

ほとんどオフサイドギリギリで決めた。


またオーストラリアは前のような

ロングボールでフィジカルにくる戦法をしない。

これがこの試合で今の日本代表のプレーに拍車をかけた。


パスにはパスとプレッシャー。

高い位置で奪い、シュートを浴びせた。


ただ2点目をとるかと思いきや

オーストラリアはユーリッチやケーヒルを出し、

ゴールをうかがう。

危ない場面もあった。


この試合で勝負を決めるため

2点目をとらなくてはならない。


そのチャンスは何度もあったが

決定機を逃した。


しかし81分井手口が見事な

強烈なミドルシュートを決めた。


ワールドカップをたぐり寄せた。

香川も大久保もましてや本田もいない。


その若き選手が多い、また控えも若手がいる

この代表で勝ちきったことは大きい。


さあ、本番でどんなフットボールを見せてくれるのだろう。

一年後には結果が出ている。



by dopi19 | 2017-09-01 07:16 | ワールドカップ

チャンスはものにしろ チリ対ドイツ

お互い一次リーグで引き分けているので

手の内はある程度わかっていたはずだ。


ただ舞台は決勝である。

なにが起きるかわからない。


序盤ボール支配は圧倒的にチリ。

立て続けに前線へボールは出ていた。

決定機もあった。

ただシュートの精度は悪い。


ドイツは耐えて反撃のすきをうかがっていた。

ドイツがチリの横パスを、つまりミスを見逃さず

奪い、前へ飛び出す。

シュティンドルが落ち着いて決めて

先制。


チリも必死で攻めたてる。

だがチャンスでどうも決めきれない。

なんとか一点がほしかった。


ドイツは落ち着いてチリの攻撃に

守勢にたたずによくボールを回した。


ドイツが優勝。

若いチーム勝ちきった。

e0083922_06021239.jpg

私としては

チリに勝たせたかった。

サンチェスやビダルといったいい選手が

年をとらないうちに

タイトルを獲らせたかった。


決してできないチームではない。

ただやはり伝統的な強さをもった

ドイツにかなわなかった。


しい2週間だった。

来年は本大会である。

フットボール漬けの夏が来る。

楽しみに一年待ちたいと思っている。



by dopi19 | 2017-07-04 06:02 | ワールドカップ

それでもチリはタフだった ポルトガル対チリ

攻撃が身上の両チームではある。

ただこの試合にかぎっては、お互いの長所をけす

献身的な守りに徹した感はある。


チリはやはりロングボールに頼る感はあり、

またポルトガルはロナウドが持ち込むというシーンはない。


鉄壁な守備がそこここに見えた。


よく言えば守りが堅い好ゲームなのだが

やはり得点シーンは見たかった。


この大会は初めての両チーム。

本当に勝負はわからなかった。


ゆえにPK戦。

でも答えは簡単だった。

ポルトガルのPKキックを3人連続、ブラボが止めた。

e0083922_02524036.jpg

それにしてもどちらに転んでも

おかしくない試合だった。


それだけにどうにか120分で

得点がなかったのが悔やまれる。


いよいよ絞られてきた。



by dopi19 | 2017-06-30 02:53 | ワールドカップ

新しい風 オーストラリア対ドイツ

ドイツは常連組を招集しなかった。ポドルスキ、エジル、クロースなどだ。

でも若いいい選手がこの大会で花開いた。


再三の好機をよく活かしたドイツだ。

立ち上がり5分で1点をとる。


優位に進むかと思ったら

41分オーストラリアが追いつく。


しかし、オーストラリアはドイツにPKを44分に

与えてしまう。

これがなければ試合はどう転んだかわからない。


打ち合いの様相も呈してきたが

やはりドイツの新風があった感じはする。

動きが軽快だった。


しかしオーストラリアはあきらめず

手数は多かった。

48分ゴレツカが決めて試合は決まった。

しかしオーストラリアも56分1点返して

まだあきらめない。


ドイツは落ち着いてその後試合を制した。

なんだかあまり様子がわからない文章になった。

e0083922_00333922.jpg

というのもセカンドハーフは

私は睡魔と戦っていたので

あまり記憶がない。ご容赦を。


いずれにせよ、ドイツの新しい船出かもしれない。



by dopi19 | 2017-06-22 00:34 | ワールドカップ

縦へのこだわり カメルーン対チリ

南米の国はやはり縦へのくさびを入れる傾向が強い。

チリはその典型で縦へボールを出し、チャンスをうかがう。


この試合緩慢さがあり、見ていて少し不満だった。

どうもカメルーンの動きがよくなく、

チリも決定機がない。


ただチャンスはやはりおとずれる。

カメルーンもきわどいシュートがあった。


ただ縦への突破で展開が開けた。

81分クリアボールを拾い、うまいクロスからビダルが先制ゴール。

アディショナルタイムにもバルガスが追加点。

これでチリが試合を決めた。


e0083922_07200623.jpg

ポルトガル対メキシコでもこの試合でも

ビデオによるアシスタントレフェリングがあり

決まったゴールがノーゴールになる機会があった。

少し慣れないことなのだが

まあものは試しである。これが正式に導入されるのかは

知らないが試合を公正に進めるにはいいことなのかもしれない。



by dopi19 | 2017-06-19 07:18 | ワールドカップ

狙った獲物は逃さない ポルトガル対メキシコ

この1次リーグいい試合の期待が大だった、このカード。

その通りの好試合だった。


メキシコ攻勢で始まり、徐々にポルトガルが押した。

ポルトガルにはクリスチャーノ・ロナウドがいる。

それだけで十分怖い。その上FWにいい選手がいる。


34分クリスチャーノ・ロナウドからクアレスマにわたりゴール。

でも42分メキシコのエルナンデスがヘッドで同点。

これで試合はわからなくなった。


メキシコはサイドを攻めてチャンスを生んでいた。

ポルトガルは中盤が機能し始めた。


ポルトガルは狙った獲物は逃さない。

86分サイドバックが前線へ飛び出し、ゴール。

これで決まったと誰もが思った。

e0083922_07200217.jpg


ところがアディショナルタイムに

メキシコがコーナーキックからモレーノの同点ゴール。

お互い狙いすました感もあるが

やはり実力を十分発揮した試合だった。



by dopi19 | 2017-06-19 07:16 | ワールドカップ

チャンスの芽 ロシア対ニュージーランド

ロシアはホスト国として恥ずかしい試合をするわけにはいかない。

よって序盤から果敢に攻めたてた。

ニュージーランドもプレスをかけきびしく守る。

チャンスの芽は両方にあった。


ただ決定機はロシアに多分にあった。

ゴール寸前でニュージーランドがクリアした場面が何度もあった。


さてこういう試合はやはり先制点だ。

ロシアのグルシャコフが中盤の底からうまく上がり

ボールを受け、押し込んだ(オウンゴールに訂正)。


e0083922_07195576.jpg

こうなるとニュージーランドは攻めるしかない。

それでもやはりロシアの動きはよかった。


69分、2点目はサイドからのクロスをスモロフが決める。

これでほぼ勝負は決まった。


しかしファールの少ない試合だった。

レフェリーがとらないこともあるが

イエローカードはなし。

こういう試合は見ていて気分はいい。

いよいよコンフェデが動き出した。



by dopi19 | 2017-06-18 07:31 | ワールドカップ