人気ブログランキング |

2006年 06月 18日 ( 1 )

赤の功罪 イタリア対アメリカ

とんでもない荒れた試合になりました。
初めての一発レッドカードが出た試合でしたが
まさか3枚も乱舞するとは・・・・

イタリアが1人、アメリカは2人も少なくなりました。
審判の厳しさも手伝ったかもしれませんが
あれはレッドの対象となるファウルでした。

それにしてもアメリカは自ら得点することなく
また1人少ないながら引き分けました。

イタリアの猛攻を何とか失点1で切り抜けました。
それもイタリアの1点は両チーム全員そろっているときです。

アメリカはコーナーキックからオウンゴールを誘い
得点しました。

この試合で見ていた他チームの選手は
レッドカードによる退場が怖くなったでしょう。
いたずらに後ろから足をねらうことや
スパイクの裏で掛ける反則
危険な反則はみな反則を取られると再認識したでしょう。

一方、レッドで少なくなっても
守りきることは出来ると思うかもしれません。
しかし1人少ない状態では強いチームに対して
得点を挙げるのには至難の業でしょう。
e0083922_6301990.jpg

この試合を教訓にして
これから戦う選手は是非フェアなプレーの徹して
欲しいと思います。
反則をすることでいやな思いをするのは
選手たち自身だけでなく
サポーターやテレビ視聴者もいるのだと自覚して欲しいです。

ただTVで見ているほうは
つまり私はスリリングな試合で結構楽しめました。

さてさて、今夜10時は・・・・
予想しましょう。
日本が2-1で勝ちます。
ただし日本の1点はオウンゴールのような気がします。

多くの日本国民が望みをつなげたいと願っているはずです。
頑張れニッポン!

by dopi19 | 2006-06-18 06:31 | ワールドカップ