人気ブログランキング |

2006年 06月 12日 ( 1 )

難攻不落の相手 セルビア・モンテネグロ対オランダ

セルビア・モンテネグロは堅い守備で
失点が少なく、欧州予選でも負けないサッカーをしました。

その難攻不落ともいえる相手に
優勝候補の一角オランダがどう攻撃をするか見ものでした。

オランダはその3トップという攻撃型フォーメーションで
挑みます。
それに対して守りきってできればカウンターや
セットプレーで何とか正気を見出したいセルビア・モンテネグロ。
どちらが勝ってもおかしくない試合でした。

結果、オランダは前半18分すばやい攻撃で
ファンペルシーからのスルーパスで抜け出しロッベンが決めて、
1-0で勝ちました。

セルビア・モンテネグロも堅い守備でオランダを押さえたかったのでしょうが
この1点がききました。

私はセルビア・モンテネグロが早い段階で同点にするだろうと
みていましたが、なかなかオランダもその強さで
守りました。

欲をいえばもう少し私が好きなファン・ニステルローイが
シュートを放って欲しかったです。

両チームともあいてディフェンスをなんとか崩して
チャンスをものにしようと必死でした。
特にオランダは1点リードでも守りきるのではなく
2点目とりにいく貪欲さがありました。
e0083922_311141.jpg

昨日のイングランドもそうなんですが
この時間帯(現地時間午後3時からの試合)は
かなり気温が高いということで
プレイヤーの運動量が後半は落ちているのは
わかります。
でも、懸命にボールを追い走る選手を見ていると
なにか爽快感があります。

このオランダ、アルゼンチンを中心とした
グループCは勝ちぬけが難しいと思われ
死の組とも言われています。
アルゼンチンは無難に勝ち、
このセルビア・モンテネグロ対オランダ戦が
注目されました。
いい試合だったと思います。

オランダは今後コートジボアールに取りこぼさなければ
勝ち抜けると思います。
またアルゼンチンが、堅守セルビア・モンテネグロと
どう戦うか見ものだと思います。

マン・オブ・ザ・マッチは攻撃の核としていい働きをした
FWロッベン選手に贈ります。
いうことなしです。

さあ、日本代表の試合が迫りました。
皆さんで一丸になってサポートしましょう!♪
by dopi19 | 2006-06-12 03:16 | ワールドカップ | Trackback | Comments(2)