人気ブログランキング |

浅田次郎さん 「憑神」

内容を忘れないうちの書いておこうと思います。
新潮文庫の売れ筋「深追い」とともに買いました。

浅田次郎さんは初めて読みました。
なかなか素晴らしい世界観を持っていますね。

それにしても面白い話でした。
どちらかというと悲劇なのですが
それを面白おかしく書いています。

つまりこの話は主人公下級武士の彦四郎に憑く、
貧乏神、疫病神、死神の話です。

聞いただけでいやになる話のようですが
そう深刻には書いていません。
むしろ話は彦四郎にはその憑神はつかず
彦四郎が意図する人につきます。
そんな描写が笑えるのです。
e0083922_5172735.jpg

ただこの主人公は誠実です。
その点、私は共感できる点が多々あります。
一途に武士の「家」を守ろうとする
そのひたむきさに心を打たれます。

時代は江戸から明治というときの話ですから
当然武士は立場が変わる頃なのですが
彦四郎は使命を貫こうとする、
自分に死神が憑いてもです。

人には避けて通れない道というか、運命みたいなものが
あります。
でもそういうものに惑わされず
自分の強い意志を貫こうとする意思や行動
その姿が人間としての本質なのではないかと
我々読み手に切々と訴えてくるような作品です♪
[JAYRO White(ジャイロホワイト)] ドットプリントタックフレアーワンピース ワンピース[JAYRO White(ジャイロホワイト)] ドットプリントタックフレアーワンピース ワンピース
¥6,174
[MISCH MASCH(ミッシュマッシュ)] ネックレス付きニュアンスレイヤードニット ニット/セーター[MISCH MASCH(ミッシュマッシュ)] ネックレス付きニュアンスレイヤードニット ニット/セーター
¥6,930

by dopi19 | 2007-06-13 05:21 | ブックス


<< iPod危機一髪 寝相 >>