人気ブログランキング |

ドリブラーの罠 オランダ対メキシコ

1stハーフは終始メキシコが勝っていた。
中盤でうまくボールを奪い、
トップのロッベンやファン・ペルシーに仕事をさせなかった。

1点先制され、オランダは焦りも見せていた。
2ndハーフで交代をうまく利用した。

攻撃的に変えたことで
すこし流れが変わった。

しかしチャンスにも
メキシコのマルケスのいい守備、
オチョアの好セーブに阻まれていた。

それにしてもメキシコも守りに入ったのだろうか。
試合が終わりかけるまでの少しの隙に
スナイデルに決められた。
e0083922_3143196.jpg

しかし同点なら延長である。
ただそこにドリブラーのうまさを見せた
ロッベンの賭けがあった。

ペナルティエリアでうまく倒れ
マルケスのファールでPK。

フンテラールの若さが豪快なシュートとなり
試合を決めた。
終始メキシコが優位だったが
これも実力でオランダが駒を進めた。

見事な逆転劇だった。

by dopi19 | 2014-06-30 03:17 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/22157204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 瀬戸際の一撃 コスタリカ対ギリシャ ハメスの実力 コロンビア対ウルグアイ >>