人気ブログランキング |

守りの鉄則 アルゼンチン対イラン

フットボールは相手を0点に抑えれば負けることはない。
イランはそれをわかっていた。

だからアルゼンチンをなんとか必死に
おさえこんだ。
どんなドリブルもどんな崩しも
なんとかしのいだ。

カウンターでイランが逆にいい形もつくった。
引き分けでもイランは大金星である。

それがもう少しで現実になるところだった。
勝ち点1でも大きいところだった。

それをアディショナルタイムで引き裂いたのは
やはりあの男だった。

ディフェンスがすこしルーズになった
ペナルティエリアの外側
メッシが放ったシュートがゴールに突き刺さった。
e0083922_3132776.jpg

見事なシュートだった。
アルゼンチンサポーターは大騒ぎ。
それもそのはず相手は格下である。
イランがもう少しで勝ち点を逃した。

しかしいい戦いだった。
イランの健闘を讃えたい。

0点の抑えることの難しさを痛感した。
フットボールは最後までわからないものである。

by dopi19 | 2014-06-22 03:13 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/22132833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オレンジの閃光 オランダ対チリ みなぎる力 イタリア対コスタリカ >>