人気ブログランキング |

世界の壁 日本対ギリシャ

最悪ではないが最低の結果といっていいかもしれない。
それだけ点を取れない攻撃に腹立たしかった。

なぜサイドをうまく突かないのか。
終盤足が動かない相手になぜドリブルで仕掛けないのか。
3枚目のカードは切れなかったのか。
そんな思いだった。

攻撃のリズムは悪くないし、守備もGK川島中心に
よく守っていた。
しかしフットボールは点を取らない限り勝てない。

ギリシャは退場者を出した。
それが逆に攻めあぐねたと選手は語るが
それでもフィールドプレイヤーは10人対9人である。
要は引き分け狙いのギリシャにしてやられたのである。

大きな選手が多い。
だからクロスを上げても高さで返され
低く流しても長い足が出る。

緊張して見ていたが
いいところはありながらも得点できない
そんなもどかしさを選手自身もサポーターも
多くの日本人が思っていたはずだ。
e0083922_23315232.jpg

それにしても厳しくなった。
自力で勝ち、他力でコートジボワールが負けか引き分け以外に
ベスト16には進めない。

選手をせめても仕方ない。一生懸命やっている。
ただギリギリのところで強いメンタリティが欠けている感はある。
第3戦はいいところを出し切って
ぜひ得点してほしい。
しかしコロンビアもそう簡単には負けないと思う。
世界の壁を感じない訳にはいかない。

by dopi19 | 2014-06-20 23:33 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/22129607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< みなぎる力 イタリア対コスタリカ 真打ち登場 ウルグアイ対イングランド >>