人気ブログランキング |

前へ進む力 ブラジル対ウルグアイ

接戦だった。
おそらく80%の人が延長だと思っていただろう。
2点目は終了直前だった。

でもキーはあのPKストップと
ウルグアイの得点である。

PKを止めたのは大きい。
またウルグアイの1点は明らかにブラジルのためらいがあった。
クリアの判断が甘かったと思う。

しかし、両チームは前へ進もうという気力が
ありありだった。
ただ前線の選手もしっかりディフェンスのサポートに
入っていた。
このへんを日本代表もよく見てほしい。

ウルグアイは今過渡期にあるのだと思う。
フォルランに支えられていた。
それがそうは行かなくなる時が来つつある。
ただエルナンデスという新星も現れた。
e0083922_18261114.jpg

ブラジルはいくたびも新たな選手が出てくる。
ネイマールしかりフレッジしかり、ダニエウ・アウベスである。

今日はやはり試合の流れを掴み切れないウルグアイと
やはりホームの大観衆の後押しがあったブラジルの差だったと思う。

また役者が一枚上なのがブラジルだろう。
しかし両チームともよく前へ出ようと必死だった。

その勇姿は我々見るものを奮起させるものだった。

by dopi19 | 2013-06-27 18:29 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/20717685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 負けられない意地 スペイン対イタリア 破顔一笑 ウルグアイ対タヒチ >>