人気ブログランキング |

ドーハの苦闘

ヨルダン戦を引き分けて、この対シリア戦は勝たざるを得ない
そういう状況だった。

シリアはサウジアラビアに勝っている。
なかなかのつわものである。

しかし日本はザッケローニ監督、公式戦初勝利のため
一丸となって、勝ちにいくだろうと思っていた。

この試合前半はいい動きで立ち上がり
何度か攻め立てて、雰囲気は良かった。

早く点が欲しかった。
35分本田選手の突破、
香川選手の粘りから
松井選手のブロック、そして長谷部選手がゴールを奪った。
一点先取。
その後日本は動きがよくなり、ワンタッチ、ツータッチでパスを回していた。
しかし追加点はとれなかった。

後半はシリアが前がかりで、点を取りに来て
日本は少し引き気味になり、その分プレスがかけづらくなり
リズムが崩れた。
パスを出しても、決定的な場面がなかった。

71分オフサイドと思われたシーンで
GK川島選手がシリア選手を倒してしまい、PK献上、
その上川島選手は退場を受ける。
PKを決められ、同点。
10人になった日本はがけっぷちに立たされた。

しかし諦めていなかった。
香川選手に交代して入った、岡崎選手がよく動き
82分ペナルティエリアで粘り、PKをとる。
本田選手が真ん中に蹴り、決めて、2-1になる。

しかし10人でぎりぎりに守っていった。
もちろん3点目も欲しかったが
一番はとにかく勝つこと。
日本は必死で戦った。

かなりラフな試合になったが、日本はしのぎ切り
シリアに勝った。
e0083922_3471636.jpg

とにかく勝って良かった。
不本意な判定、数多いカードなどいろいろあるだろうが
これがアウェイである。
これで決勝トーナメントが近付いた。

今度はサウジアラビア戦。
もう一度気を引き締めて頑張ってほしい。
頑張れ日本♪

by Dopi19 | 2011-01-14 03:49 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/13979620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Apple強し 飛んでる娘 >>