人気ブログランキング |

決定力の差 オランダ対日本

日本はいい試合をしたと思う。
ただこういう大会は結果がついてこないといけない。

オランダ相手に勝ちにいく意志で臨んだはずだ。
カメルーンにも勝てないと言われながら結果を出し
この試合にも期待が高まっていた。

しかしそう簡単に強豪は負けないことが分かった。

前半はオランダにボールを支配され続け
幻惑されていた。
見ていてもじれるほどのキープ力がオランダにはあった。

ただ日本は我慢しつつ、徐々に自分たちの良さを出していった。
プレスをかけ、高い位置でボールを奪い、
シュートにつなげた。

この大会に入るまでは
試合でシュートさえ打てないことが多かったことを考えると
格段の差である。

しかしゴールは決められなかった。
逆にオランダのパス回しに慣れてきたころ
オランダはFWが決められないところで
MFシュナイダーの見事なミドルが決まった。
e0083922_247977.jpg

日本も大久保、岡崎など決めてもおかしくない
シュートを放ったが惜しくも外れた。

結果がすべてだが
戦う前の予想では、一方的に負けると言われていた割には
善戦だった。

この悔しさを何とか
グループリーグ突破をかけて
デンマーク戦で大いに頑張ってほしい。

決定力の差がまじまじと出た一戦だったことは
決して否めない。

切り替えて次に備えてほしい♪


by dopi19 | 2010-06-20 02:48 | ワールドカップ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nassonan.exblog.jp/tb/12830622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by けいちゃん at 2010-06-21 21:10 x
日本はオランダ戦で負けたのは残念でしたが、いい戦いをしてくれたと思います。決勝リーグに行くことを願います。
Commented by dopi19 at 2010-06-24 05:34
けいちゃんコメント本当にありがとうございます。
確かに日本はいい試合をしていると思います。
デンマーク戦でいい結果を残して勝ち進んでほしいですね♪


<< 母国の意地 スロベニア対イングランド 連係の美しさ アルゼンチン対韓国 >>