不屈の魂 ドイツ対イタリア

ドイツがなんとか準決勝にいった。
イタリアにはドイツは分が悪いと初めて知った。
それだけイタリアは強豪なのだ。

エジルの素晴らしい切れ込みで先制するものの
ハンドでPKを与え同点。
ここまではまあありえるかなとも思う。
ただ勝負はつくと思っていた。
e0083922_758405.jpg

新聞に重苦しい試合と書いてあったが
私にはスリリングな展開を見せてくれた。
両チームなんとか凌ぎ切ったという感じだ。

延長はもう疲れて
なかばPKでも仕方ないという試合運び。
ドイツは実はPKには強かったのだ。

しかしあまりお目にかからない
はずしまくりのPK戦だった。

ここで決まり、という選手が枠外にとんだり、
キーパーは両者いいものの
止められて仕方ないという感じのシュートも
あったような気がする。

それにしてもドイツは薄氷を踏む思いで勝った。
その意識の強さは相当なものだ。
さてこの次はどんな魂を見せてくれるのか。


[PR]
# by dopi19 | 2016-07-05 08:02 | EURO | Comments(0)

挑戦と野望 ウェールズ対ベルギー

どこでどうこのチームは大きくなったのか。
ウェールズにはとても驚かされた。

ベイル頼みの感があったチームが
一丸となり、上を目指す。
その気迫がこちらに響いてきた。

ナインゴランの強烈弾でベルギーが先制。
でもウェールズはおくしない。
アシュリーウィリアムスのヘッドが突き刺さる。

2点目はロブソン・カヌの技ありシュート。
これは見事だった。
e0083922_1647529.jpg

ウェールズは何かを求めて
試合に臨んでいる。
もちろんなにも考えないで試合を迎えるチームなどない。

ウェールズの無欲なようで
挑戦する姿に心打たれる。

さて、このウェールズは決勝まで
行くような気がする。

決勝はウェールズ対ドイツだと
予想しておく。
当たってもなにも出ないし
外れても反省するだけだが・・・。

イングランドなきEURO。
ウェールズの奮起に期待したい。

[PR]
# by dopi19 | 2016-07-02 16:49 | EURO | Comments(0)

決めることの大切さ ポーランド対ポルトガル

両者に差は感じられない。
いきなり、レバンドフスキのゴールから始まったが
ポルトガルもあわてなかった。

レバンドフスキの積極さがみえるポーランド、
そしてロナウドを中心とする
攻撃陣で攻めたてるポルトガル、
ただ本当に勝ちに行く感じがない。

レナト・サンチェスのゴールで
追いついた。
e0083922_16334713.jpg

その後もさまざまな決定機があった。
それを決めることが大切だった。

延長も無得点。
PKになる。

ポルトガルは誰一人
失敗しなかった。
これはたいしたものだ。
ポーランドは一人止められて
負けた。

よく言えば接戦。
だがここで決めていたらと
とても悔いた選手もいたのではないかと
思う。

ゴールは華麗である。
しかしそこには幾多のチャンスの跡がある。

[PR]
# by dopi19 | 2016-07-02 16:34 | EURO | Comments(0)

妥協をしないこと イタリア対スペイン

今大会は取りこぼしたら不利ではある。
スペインは一位通過でないため
ここでイタリアと顔合わせになった。

私はイタリア有利と見ていたが
それはやはりスペイン。
ただでは転ばないと信じた。

しかし重い試合展開で、
なにか閉塞感から抜けだしたのは
イタリアだった。

ファーストハーフで先制はイタリア。
フリーキックからキーパーが取れないボールを
キエッリーニがが決めた。
e0083922_3213799.jpg

スペインはセカンドハーフに
攻め込んだが、今ひとつ足りない何かがあった。
決定機に決められないのは
実力か運か。
ブフォンの技術か。

2点目をペッレが決めて
試合は決した。

スペインは早くも姿を消す。
でも恥ずかしい負けではないことを
自覚しておいてほしい。


[PR]
# by dopi19 | 2016-06-28 03:23 | EURO | Comments(0)

緊張の糸 ハンガリー対ベルギー

私はハンガリーが今大会の
台風の目になると思っていた。
しかし敗退した。

ベルギーは一試合ごとに
調子を上げている。
特にアザールとデブライネはいい感じだ。

ハンガリーはジュジャークがキーマンだと思った。
しかしハンガリーは疲れていた。
本来のキレや躍動感がなかっった。

ベルギーは先制したが
わからないと思っった。
セカンドハーフで同点に追いつけば
面白いと思った。
しかしベルギーは
やはりアザールがきいていた。
アシスト、自らもゴールして試合を決した。
e0083922_3175625.jpg

ハンガリーは2点目で
もう戦意喪失感があった。
いままでの緊張の糸が切れてしまった。

0-4というスコアは
決して実力の結果ではない。
ハンガリーはいい戦いをした、胸を張るべきだ。

[PR]
# by dopi19 | 2016-06-28 03:18 | EURO | Comments(0)