<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

栄冠への執念 ポルトガル対フランス

ポルトガルが初優勝である。

フランス有利と見られていたが
両者よくしのいだ。

フランスが圧倒的にボールを支配し
しかもポルトガルは早い段階で
クリスチャーノ・ロナウドを欠いた。

これならフランスだろうと
誰もが思ったかもしれない。

しかしポルトガルはよく耐え
しかも団結していた。

ジョアン・マリオがよくきいていた。
ナニもよくシュートを放った。

ただフランスは疲れていた。
中2日はやはり厳しい感がある。

しかし勝負に情けはない。
ひたすら走り、ボールを追うしかない。

90分ではスコアレス。
延長に入った。

PK戦にはなってほしくない。
あまりにも残酷である。

延長後半エデルの一閃が引き裂く。
先制はポルトガル。
フランスもよく攻めたがあと一歩だった。

いい試合だった。
やはり初優勝は絵になる。

最後の表彰式まで見られなかったが
きっと面々は相好を崩したに違いない。
e0083922_16545478.jpg

一ヶ月本当に楽しかった。
毎日のようにフットボールの粋を見た気がする。
明日からもうフットボールがないと思うと
とても寂しい感はある。
でもこの後選手はオーバーホールをして
クラブの新シーズンを迎える。
また4年後に会うことを心に描いて。

[PR]
by dopi19 | 2016-07-11 16:56 | EURO | Comments(0)

強者の行進 ドイツ対フランス

調子が悪くすぐ書けずに申し訳ない。
ドイツは負けてしまった。

フランスは私が選手の名前を覚えるくらいだから
出ている選手のコンディションがいいのだろう。

昨朝の試合では
ドイツが試合のペースを握っていたが
やはり決められなかった。

フランスはPKをとり先制。
ドイツは追いつく前に(というか無得点だが)
グリーズマンの技ありシュートに屈した。

グリーズマンはおそらく得点王。
見事な活躍で私の印象に深く残った。
e0083922_6133877.jpg

とにかく選手個々の調子がいい。
ジルーもパイエも、カンテもポグバも好調である。

予想は大外れだった。
でも面白いFinalになりそうだ。
ポルトガル対フランス、11日午前4時が待ち遠しい。

[PR]
by dopi19 | 2016-07-09 06:14 | EURO | Comments(0)

力の入れどころ ポルトガル対ウェールズ

忙しいことと不調で
満足に見られなかった。

ポルトガルの2ゴールで決まったが
得点シーンは生で見られなかった。

どうやら予想はハズレで
ウェールズは上にいけない。

ポルトガルの試合運びはうまかった。
チャンスはものにする
その力の加減が良かったのだと
思う。

ロナウドがやはりゴールしたが
今後のポルトガルはこの人にかかっている。

90分でいままで勝てなかったチームが
ウェールズには勝ち切った。

見ていてなにか物足りなさ
それは主にウェールズにだが
そういう感はあるものの
試合後にロナウドとベイルが話しているところは
なにか心に残った。
e0083922_542347.jpg


[PR]
by dopi19 | 2016-07-08 05:42 | EURO | Comments(0)

大差はないさ フランス対アイスランド

両者にはこんな差があったのか。
フランスはファーストハーフに試合を決してしまった。
アイスランドはなすすべがない。

鮮やかなゴールが多かった。
きめておくべき選手がしっかり得点した。

でもなにが起こるかわからない。
得点は重ねて無駄にはならない。
e0083922_841550.jpg

アイスランドのディフェンスはルーズかというと
そんなことはない。
強豪相手で萎縮したわけでもないだろう。

自らもなんとか2点もぎ取った。
いずれも力強いいいゴールだった。

それにしてもフランスはだんだんよくなっている。
準決勝が楽しみになった。

パイエはボグバはジルーは、グリーズマンは
マチュイディはどんなプレーを見せてくれるのだろう。
はからずも選手の名前を憶えているのである。

[PR]
by dopi19 | 2016-07-05 08:04 | EURO | Comments(0)

不屈の魂 ドイツ対イタリア

ドイツがなんとか準決勝にいった。
イタリアにはドイツは分が悪いと初めて知った。
それだけイタリアは強豪なのだ。

エジルの素晴らしい切れ込みで先制するものの
ハンドでPKを与え同点。
ここまではまあありえるかなとも思う。
ただ勝負はつくと思っていた。
e0083922_758405.jpg

新聞に重苦しい試合と書いてあったが
私にはスリリングな展開を見せてくれた。
両チームなんとか凌ぎ切ったという感じだ。

延長はもう疲れて
なかばPKでも仕方ないという試合運び。
ドイツは実はPKには強かったのだ。

しかしあまりお目にかからない
はずしまくりのPK戦だった。

ここで決まり、という選手が枠外にとんだり、
キーパーは両者いいものの
止められて仕方ないという感じのシュートも
あったような気がする。

それにしてもドイツは薄氷を踏む思いで勝った。
その意識の強さは相当なものだ。
さてこの次はどんな魂を見せてくれるのか。


[PR]
by dopi19 | 2016-07-05 08:02 | EURO | Comments(0)

挑戦と野望 ウェールズ対ベルギー

どこでどうこのチームは大きくなったのか。
ウェールズにはとても驚かされた。

ベイル頼みの感があったチームが
一丸となり、上を目指す。
その気迫がこちらに響いてきた。

ナインゴランの強烈弾でベルギーが先制。
でもウェールズはおくしない。
アシュリーウィリアムスのヘッドが突き刺さる。

2点目はロブソン・カヌの技ありシュート。
これは見事だった。
e0083922_1647529.jpg

ウェールズは何かを求めて
試合に臨んでいる。
もちろんなにも考えないで試合を迎えるチームなどない。

ウェールズの無欲なようで
挑戦する姿に心打たれる。

さて、このウェールズは決勝まで
行くような気がする。

決勝はウェールズ対ドイツだと
予想しておく。
当たってもなにも出ないし
外れても反省するだけだが・・・。

イングランドなきEURO。
ウェールズの奮起に期待したい。

[PR]
by dopi19 | 2016-07-02 16:49 | EURO | Comments(0)

決めることの大切さ ポーランド対ポルトガル

両者に差は感じられない。
いきなり、レバンドフスキのゴールから始まったが
ポルトガルもあわてなかった。

レバンドフスキの積極さがみえるポーランド、
そしてロナウドを中心とする
攻撃陣で攻めたてるポルトガル、
ただ本当に勝ちに行く感じがない。

レナト・サンチェスのゴールで
追いついた。
e0083922_16334713.jpg

その後もさまざまな決定機があった。
それを決めることが大切だった。

延長も無得点。
PKになる。

ポルトガルは誰一人
失敗しなかった。
これはたいしたものだ。
ポーランドは一人止められて
負けた。

よく言えば接戦。
だがここで決めていたらと
とても悔いた選手もいたのではないかと
思う。

ゴールは華麗である。
しかしそこには幾多のチャンスの跡がある。

[PR]
by dopi19 | 2016-07-02 16:34 | EURO | Comments(0)