<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つかの間の休息

私は夜中に起きるのですが
それでも気温、私の部屋の室温は
30℃くらいあって朝になるまででも
28℃以下には下がりません。

そんな部屋にいて
また近頃の容赦ない暑さで
さすがに疲れてきました。
日中も室温31℃くらいでたまりません。

毎日体を動かし、
汗をかくようにしています。
そうするとなんとなく調子は上がってきます。

でも暑い・・・
そんな中、今朝は夜中に雨が降ったので
室温がなんと26℃まで下がって
涼しいです。
窓を開けているだけで爽快な感があります。
e0083922_3504239.jpg

もう疲れすぎていて
何をするにも億劫でしたが
なんとか涼しく、気分もいいので
書き留めておこうと思いました。

まだまだ夏は始まりに過ぎません。
水の足りないこともあるかも知れません。
とにかく涼しい時はすこしゆっくり休んで
またぶり返す暑さに備えようよと思います。

[PR]
by dopi19 | 2013-07-16 03:51 | ブログ | Comments(0)

黄色い壁 ブラジル対スペイン

「スペインゴール前で何かしているな、
混乱しているな」と思っていたらゴールだという。
スローを見たら、フレッジの倒れながらの秘技のようなシュート。
いきなりの先制だった。

スペインはこれだけプレスを受けるとは思っていなかっただろう。
それにスペインが敵陣に入れば、ブラジルはほとんど引いていた。
セットプレーになるとマンツーマン。
まるで黄色い壁だった。

それでもブラジルは攻守が替わると
いきいきと攻撃した。
飛んでいるようなネイマールのドリブル。
フッキの迫力、マルセロの縦横無尽、
フレッジのうまさと、飛び出しの速さ。
どれをとっても言うことがない。

かといってディフェンスもすごい。
ダビド・ルイスは果敢に守り、一点物をキーパーの後ろにまわり
防いだ。
チアゴ・シウバも強さを十分に持つディフェンスだった。

強さがあった。
ネイマールの40分過ぎの2点目も強烈だった。
3点目で勝負は決した。
よく守り、よく攻め、相手の、つまりスペインの長所や特徴、
その攻撃までの過程、パス回しまで
消し去っていた。
e0083922_16112114.jpg

こういう時は何をしても、いかにスペインでも1点も取れなくとも
仕方ない。
スペインが無敗記録を伸ばすと思った方もいるかもしれないが
こうあっさり勝たれて、しかも守りから入った感もある
ブラジルの出来、戦術は見事だった。

今度は世界はブラジルを目標に
ブラジルを倒そうと向かってくる。
開催国だから必ず出場し、相手がある。

来年のワールドカップの決勝まで
ブラジルは快進撃を続けるか
今はそれも楽しみになってきた。
しかしいいチームが新たなメンバーでよく出来たと感心しきりである。

[PR]
by dopi19 | 2013-07-01 16:13 | ワールドカップ | Comments(0)

満身創痍に宿る女神 ウルグアイ対イタリア

動きのいいウルグアイ、満身創痍のイタリア、
試合当初はイタリアが攻め込んでいたが
やはり、疲れが出ていた。

またこのゲームまでに
けが人が多く、バロテッリは帰国、ピルロなども欠場となった。
それでも若い20歳のエル・シャーラウィやデ・シリオが切れていた。

1点目もディアマンテのフリーキックから
2点目もディアマンテの直接ゴール。
一方のウルグアイも素晴らしいカバーニのフリーキックだった。

いずれもやはり動きには関連性のないゴールだったが
このセットプレーの貴重さがわかる得点だった。
高さも必要だが、キッカーの精度も大事だ。

フォルランのシュートをブッフォンが止めた。
イタリアには退場者も出た。
そんな中とうとうPK戦になる。
e0083922_453742.jpg

最後にはやはりブッフォンという屈指のゴールキーパーが
3本止めた形で勝負が決した。

疲れて動きが緩慢だったイタリア。
けが人続出だったが
最後に女神はその弱さに屈しないチームに微笑んだ。

[PR]
by dopi19 | 2013-07-01 04:07 | ワールドカップ | Comments(0)