<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

女性強し ロンドンオリンピック まとめ

金メダルは少ないながらも、過去最多メダル獲得で日本勢は
よく頑張りました。

新聞などではもう3日前に書いているのに
今頃書いてどうにもなりませんが。

とにかく女性が頑張った印象が強いです。
柔道の松本選手、レスリングの伊調選手、小原選手、吉田選手
そしてバレーボール女子、卓球女子、
肝心なのはサッカー女子、忘れてはいけないアーチェリー女子、
一番初めはウェイトリフティング三宅選手、などなど。

メダルを取った競技ばかりですが
それ以外でも話題は多かったです。
私が男性だから女子に目がいくのかは別として
やはりいろいろな競技に女性が進出して、正式に認められたのは
大きな要因だと思います。
e0083922_18115879.jpg

またこのオリンピックで忘れてはいけない
飛躍の要因は「ナショナル・トレーニングセンター」です。
国も徐々にスポーツ振興のために
オリンピックを目指すアスリートのために
お金を出すようになったのです。

女性は強いとい言うのは日本の今後を占うのに
いいことなんでしょうね。
男性も負けられないという感じで頑張るでしょうから。

そして東京オリンピックは2度目が実現するのでしょうか。
オリンピックで騒ぐわりには
この日本で開催するチャンスに
国民の関心が少し足りない気もします。

まあホームでオリンピックが開催されれば
有利ですから、メダルは相当増えるでしょう。
でもメダルは結果に過ぎません。
その頑張りに、オリンピックにでたことが
素晴らしいことなのですから。

この夏はオリンピックがあったことを
10年後にどれだけの人が正確に憶えてるのでしょうか。
とにかく選手、コーチ、監督、関係者の方々
お疲れ様でした。ありがとうございました。

[PR]
by dopi19 | 2012-08-16 18:13 | スポーツ | Comments(0)

そこにあるメダル

メダルの色は何色か。
オリンピックでは相当気になるところだ。

あと1秒、いや0.1秒速かったら、
あと一勝できていたら。

そんな思いで今回のロンドン大会を
テレビで見て感じた人は多いはずだ。

後半戦、女子レスリングで
伊調馨選手、小山選手、吉田沙保里選手の
見事な活躍で金メダルを得た。
これは素晴らしいことだ。

サッカー、バレーボール、卓球など
まだ不確定な部分はあるが
いずれもメダルを得たり、逃したりした。

メダルの色は何色でもいい。
獲るだけで世界中で3位以内である。
私に何か世界で3位以内に入れと言われても
コーラのラッパ飲み競争でも無理である。
e0083922_17541513.jpg


それだけ研鑽と精進と苦しみに耐え
練習に明け暮れ、好きなこともできず
打ち込んだ競技の集大成である。

我々は称えてあげるだけでいいと思う。
声援は皆同じに送ったはずだ。

頑張れは簡単、それでも声援は
選手の力になる。
今回かなわなかった夢、目標が
次回にかなうなら、そんな素晴らしいことはないと
信じよう。

[PR]
by dopi19 | 2012-08-10 17:56 | スポーツ | Comments(0)

遠かった金メダル

期待していたがやはりもう一歩気迫が足りなかった。
どうしても決勝へという気持ちはきっとメキシコの方が
強かったのかもしれない。

そうでなければ少しだけ可能性が残る
ロスタイムで決定的な1点を失うことはなかったかもしれない。

一つ痛かったのは永井選手と清武選手のコンディションが
よくなかったことで、永井選手はいつものスピードが
見られなかった。やはりけがが悪いのだろう。
清武選手は位置どりはよかったがボールコントロールが
今一つだった。
ただこの二人はよく頑張っていた。

DFも鈴木選手という目立たないがよくカットする
いい守りを見せていた。

選手点は見事だった。
大津選手はなかなか見られないほどのすごいシュートを
放って、しかも隅に決まるほどいい弾道だった。
e0083922_3261949.jpg

やはりミスもあった。
無失点で来た、慢心はなかったかとも思う。

金メダルはおあずけになった。
また新しい世代が出てくる。

選手たちは気持ちを切り替えて
44年前の再現を果たしてほしい。

[PR]
by dopi19 | 2012-08-08 03:28 | スポーツ | Comments(0)

金は見えたか 日本対ブラジル

ブラジルは総攻撃だった。とんでもないボール支配と素早いプレッシャー。
日本は完全に受けるしかなかった。
前線に選手を多めに置くことによって、ブラジルは攻撃に
厚みを持たせた。

日本は徐々にボールを奪っていった。
攻撃でもシュートまでいくいい傾向が見えてきた。
守りは熊谷、岩清水のCBが効いていた。

後はどれだけ守りぬいて点を取るかである。
そのチャンスが来た。セットプレーから大儀見が抜け出して
落ち着いて決めた。
今まで不発だったがゴールは近いと本人が公言していた。
e0083922_3314121.jpg

まだブラジルは攻撃の手を緩めなかった。
後半も攻めまくった。

マルタはすごかった。
でも日本は守った。シュートを何とか体に当て、ゴールを紙一重で
許さなかった。

その頑張りが効いて、大野の2点目が決まり
ほぼ試合を決めてしまった。
ただ1点返されると、何が起こるか分からず、
緊迫した雰囲気は続いた。

90分フルに各選手は動いた。
文句は決してつけられない、見事な内容だった。
ただシュートの確度が上がればいうことはない。

しかし会心の勝利だ。
金はあと2試合で手に入る。
皮算用は無用だが、選手は前を向いて頑張っている

頑張れなでしこ!!!

[PR]
by dopi19 | 2012-08-04 03:33 | スポーツ | Comments(0)

魔物と完成美 ロンドンオリンピックその二

体操の内村航平選手が個人総合でついに金メダルです。
団体予選はとても見ていられないほどの悪い演技でどうなるかと思いました。
団体決勝でも不本意な演技。

内村選手は「魔物がいる」というような事を話していました。
でも内村選手は世界で一番美しい演技を目指しました。

今日も誰よりも完成美にこだわった演技をしているようでした。
日本どころか、世界のだれもが注目している中での演技。

跳馬から見ましたが着地を決めて、しっかり演技をしていました。
平行棒も難度を高く、より高いレベルでした。
鉄棒は敢えて離れ業を一つ避けて、着地にこだわり、決めてきました。
床は少しミスがありましたがほぼ完璧でした。

すごいと言わざるを得ない、この集中力と完成美。
見事期待どおりの演技と世界一の美しさ。
日本の日本らしい体操。

内村選手の頑張りと魔物をものともせず
度胸をきめて演技した勇気と決断。
素晴らしい体操を見せてくれました。

団体で不調で、今後どうなるのかと
我々に暗雲を感じさせましたが
今日はもういうことはありません。
e0083922_3185245.jpg

日本でオリンピックの個人総合では
28年ぶりの金メダルだそうです。
お見事です。
お疲れ様でした。
団体では不本意だったと思いますが
本当に日本中の期待にこたえた見事な金メダルです。

人間的にも素晴らしいし、
アスリートとして完璧な人だと感服します。
おめでとう、そしてありがとう。

[PR]
by dopi19 | 2012-08-02 03:21 | スポーツ | Comments(0)