<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

それでも僕らは生きていく 10

震災が起きてから一年がたちました。
その間本当に被災された方は大変な思いをされてきたと思います。
また、徐々に今までの生活を取り戻しつつある方もいれば
福島の原発の影響をはじめ、避難されている方は膨大な数に上ります。

私たちはこの一年で何ができたでしょうか。
特に直接被害を受けなかった、私を含めた生活が変わらなかった人。
つながる、とか、支援とか、義援とか、いろいろありましたが
一番なのは、いち早く被災された方を、今までどおりには
いかないかもしれないと、知らせるべきではないでしょうか。

はっきりいって残酷な話です。
しかし現実を直視しなければなりません。
応援すること、寄付をすること、力になること、
いろいろできることあります。
しかし、亡くなった方を元に戻すこと
津波で無くなった家や施設を返すこと、
放射線を簡単に正常値に戻すことはできないのです。

これからは被災された方がどう新たな生活を築くかです。
もう一年です。まだ一年かもしれません。
でも、新しい一歩を踏み出すべきです。

がれきでいっぱいの被災地。
福島の原発はもちろん、周辺住民は長い間避難を余儀なくされるでしょう。
雇用は少なく、また農業・漁業の振興の問題もあります。

でも一からまた始めるしかないのです。
我々も支援はなかなか難しくなります。
また時がたてば徐々に関心は薄れます。
それが一番怖いです。

決して忘れてはいけないことです。
記憶にとどめて、後世に伝える震災です。
ただ、一番大事なのは
今生きて、この震災後のこの世に向き合っていることです。

さあ、今日を生きましょう。
いろいろな苦労、苦悩はあるでしょう。
でもまたやり直すことはできるのです。
生きていればいい事も必ずあるのです。
一歩ずつ前に踏み出しましょう。

[PR]
by dopi19 | 2012-03-11 00:58 | Comments(2)