<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

極限の勝利

こんな展開になるとは思わなかった。
どちらかが90分で勝つと、しかも私は韓国有利だと思っていた。

しかしふたを開けると日本の動きはよかった。
流れるようにサイド攻撃ができていてチャンスも作った。

ところが思わぬところで、PKを奪われた。
しかしまだ序盤での失点。まだまだチャンスはあった。
その後36分長友選手の突破から前田選手が決め同点。
そのままで後半に入った。

後半は韓国がまさに力を出した。
動きもよく、日本は防戦だった。
でも、あきらめずによくボールを追っていた。
どうにも疲れが出てきて延長に入った。

延長が始まり98分岡崎選手が飛び出し、ファールを誘いPK。
本田圭祐選手のシュートは止められたが、細貝選手が詰めて決め、2-1とした。
このまま勝つと思った延長ロスタイム、混戦の中で決められ
同点。
私も疲れて呆然となった。

PK戦に入った。
私はタイムシフトで見ていて、つまり録画をあと追いで見ていたが
レコーダーの認識不足で
延長が午前一時で録画が終わり
PK戦はすべて見られなかった。
本田圭祐選手が決め、次に川島キーパーが止め1-0。
その後川島選手が、また止め、3-2で勝利した。

私はこの試合で不安感はなかった。
かえってカタール戦の方が見ていて苦しかった。
ただ極限状態の中で同点にされ、それでもあきらめず
PK戦で勝てたことは、大きいと思う。
勝つことが一番なのである。
e0083922_158334.jpg

この試合でも、選手は前向きだったと思う。
本田圭祐選手は試合の中でPKを止められてもよくPK戦で
思い切って決めたと思う。

最後の最後で同点にされてもあわてず
最後に川島の好守備で勝つことができ
この勝利は大きいと思う。
極限で走れなかった選手たち。
長谷部キャプテンが交代したように
まさにぎりぎりの闘い。

この勝利で決勝へと進んだ。
自信を持って、また勝ちにいってほしい。
今度は必ず生で見て応援するので頑張ってほしい♪

[PR]
by Dopi19 | 2011-01-26 02:01 | ワールドカップ | Comments(4)

Apple強し

私はいくつかiPodを持っていますが、だんだん老朽化しています。
特に最初のiPod30Gは一度駄目になり、それでもヤマダ電機の当時のコンピュータ保証に助けられ一台無償でかえてもらい、しかしその後は液晶画面がだめになったりして
悲喜こもごもでした。

昨日大事にしている、iPod nanoがおかしくなりました。
同期しようとしたら画面が固まって動きません。

Aplpleのサイトでトラブルシューティングを見て
リセットやパソコン再起動で同期しても、全く動きません。
何度もリセットして、頑張りましたがだめです。

仕方なくAppleのサポートに電話して
有償になるかもと言われたものの、サポートを受けました。
「故障扱いになります」と衝撃なことを言われ
取り替えしかないとも言われて、あきらめました。

もう6年使ってます。
故障も当然だと思いました。
それだけ使い込んだからです。

でも何とか使えないかと思いましたが
画面は動きません。

捨てようかとも思いましたが、とにかく思い出も詰まっているので
テーブルに置きっぱなしにしておきました。

2時間たち不意にnanoを見ると画面は暗くなっていました。
ホイールを押すと、iPodが動きだしました。
e0083922_3285634.jpg

これにはびっくり。Appleの強さを見た感じがします。
機械はトラブルがつきもの。
今回買い替えも検討しましたが
とにかく、直ってくれて嬉しい限りです。

ありがとうございます。
約1万助かりました♪

[PR]
by Dopi19 | 2011-01-19 03:30 | iPod | Comments(0)

ドーハの苦闘

ヨルダン戦を引き分けて、この対シリア戦は勝たざるを得ない
そういう状況だった。

シリアはサウジアラビアに勝っている。
なかなかのつわものである。

しかし日本はザッケローニ監督、公式戦初勝利のため
一丸となって、勝ちにいくだろうと思っていた。

この試合前半はいい動きで立ち上がり
何度か攻め立てて、雰囲気は良かった。

早く点が欲しかった。
35分本田選手の突破、
香川選手の粘りから
松井選手のブロック、そして長谷部選手がゴールを奪った。
一点先取。
その後日本は動きがよくなり、ワンタッチ、ツータッチでパスを回していた。
しかし追加点はとれなかった。

後半はシリアが前がかりで、点を取りに来て
日本は少し引き気味になり、その分プレスがかけづらくなり
リズムが崩れた。
パスを出しても、決定的な場面がなかった。

71分オフサイドと思われたシーンで
GK川島選手がシリア選手を倒してしまい、PK献上、
その上川島選手は退場を受ける。
PKを決められ、同点。
10人になった日本はがけっぷちに立たされた。

しかし諦めていなかった。
香川選手に交代して入った、岡崎選手がよく動き
82分ペナルティエリアで粘り、PKをとる。
本田選手が真ん中に蹴り、決めて、2-1になる。

しかし10人でぎりぎりに守っていった。
もちろん3点目も欲しかったが
一番はとにかく勝つこと。
日本は必死で戦った。

かなりラフな試合になったが、日本はしのぎ切り
シリアに勝った。
e0083922_3471636.jpg

とにかく勝って良かった。
不本意な判定、数多いカードなどいろいろあるだろうが
これがアウェイである。
これで決勝トーナメントが近付いた。

今度はサウジアラビア戦。
もう一度気を引き締めて頑張ってほしい。
頑張れ日本♪

[PR]
by Dopi19 | 2011-01-14 03:49 | ワールドカップ | Comments(0)

飛んでる娘

10日にスキーのジャンプ大会が行われ、女子ジャンプですごい記録が生まれました。
ジャンプ大会といえどもノックアウト方式という
一対一で優勝者を決めるというもの。

その優勝者がなんと14歳の女子中学生、高梨沙羅さん。
しかもジャンプ台最高記録の141mを飛びました。
男子より高い位置からスタートするため
好記録が出るようですがそれでもすごい記録です。

スポーツニュースで見ましたが
最後は空中に浮かんでいるようでした。
e0083922_1146387.jpg

本人も「ひざが笑うくらいだった」という
大ジャンプ。
次回ソチオリンピックで公開競技になるかも知れない
女子ジャンプ。

今後こういう記録が出て
オリンピックでまた大ジャンプを見せてほしいものです。

それにしてもすごいジャンプを
しかも女子が飛んでいるのは
初めて見ましたが、すごかったです。
私には到底できませんから、見るだけですね♪

[PR]
by Dopi19 | 2011-01-11 11:46 | スポーツ | Comments(0)

タイガーマスクという良心

私の地元小田原の児童福祉施設に
年末、ランドセル6個が置かれていて話題になった。
もちろんプレゼントでしかも差出人が伊達直人ということで余計注目された。
伊達直人、私たちが子供のころのヒーロータイガーマスクだ。

どうしてこんな風にプレゼントしたのか
理由は分からないし、どうやらこの一件の前にも
伊達直人は贈り物をしたらしい。

そして今や各地でランドセルが贈られるケースが
増えてきている。
そんなに伊達直人が各地を飛び回れるわけなく
同一人物とは考えにくい。

その上静岡では現金が贈られるという
すごいことにまでなってきた。

いろいろ混迷する世の中で
とても心が晴れる、素晴らしいことだと思う。
恵まれない子供に、せめて学用品を贈るという
優しい心持ち。

しかも自分の名前を明かさず
伊達直人とするいさぎよさ。
見ていて、聴いていて、何より心温まる思いだ。
e0083922_523678.jpg

タイガーマスクという良心。
子供に決して、つまらない世の中ではないと
証明するための贈り物。

だれかは知りませんが
タイガーマスクさんに私からもお礼を述べさせてください。
本当にありがとうございます♪

[PR]
by Dopi19 | 2011-01-09 05:03 | ブログ | Comments(2)