<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

倉木麻衣さん ALL MY BEST

女性歌手のBEST盤がラッシュのように出ています。
いろいろ聴いていますが
本日は倉木麻衣さん。

デビュー10年だそうです。
しかも化粧品のCMモデルです。
きれいな方です。

とはいえ歌手。
ですからベスト盤を出すくらい
活躍していないと、なかなか思い切って
自信作のベスト盤にはなりません。

そんなわけでこのALL MY BEST
素晴らしい仕上がりになっています。
e0083922_545437.jpg

冒頭に新曲で始まり
デビューを鮮烈に飾った
曲が次々に出ます。

やはり聴いていて和やかになるのが
この倉木さんの特徴です。
声が非常に聴いていて落ち着くんです。

大物の二番煎じと揶揄されたこともありましたが
どうして実力ある
中堅になりましたね。

このアルバム全体を通して
心地よく聴けます。

聴いてみて損はありませんよ♪


[PR]
by dopi19 | 2009-09-29 05:46 | 音楽 | Comments(0)

赤い指 東野圭吾さん

いつも東野さんの作品は最後のほうへいくたび
驚かされますが、今回も驚きました。

事件を取り巻く、いろいろな人を描きますが
主になる人物は少ないのです。

この赤い指は加賀恭一郎という一人の刑事が出る
話のシリーズでもあるんですが
今回は恭一郎とその父親の話も出ます。

もちろん殺人事件は起きます。
それは一家族の問題で
それにどう対処するかでこの小説は
進んでいきます。

つまるところ殺人事件を
隠そうとするのです。
これ以上は今売れている本ですから
書けません。

とにかく人物描写が上手で
その個人個人の発する言葉が
リアルでいいですね。

また今はいやな事件が多いですが
この小説はどこにでも起きそうな話、事件ではあります。

話は事件と、恭一郎の父親の病状とその甥の話で
進んでいきます。

また老いるとはどういうことか。
その老いや老いた人の面倒をみるということはなんなのか。
そんなテーマも出てきます。

e0083922_5485788.jpg
身近に感じる題材で
読みやすいのが売れている要因でもあるんでしょう。

必ずキーポイントがあるわけなんですが
そのキーがタイトルなんです・・・・

読んでください。
おもしろいです♪


[PR]
by dopi19 | 2009-09-08 05:51 | ブックス | Comments(0)

三浦しをんさん まほろ駅前多田便利軒

直木賞受賞作ということで読んでみました。
読みやすく、また心がなごむ作品でした。

主人公の多田と行天は男性です。
著者の三浦さんは女性ですがよく男心をうまく描くなあと
感心しました。

タイトルだけ読むと、なんだか田舎のオモシロ話かとも
思うのですが、
まほろというのは東京の一架空市。

ですから便利軒とは言え、
いろいろな案件が舞い込むわけで、
しかもややこしくなりつつ
しかも多田と行天は首を突っ込むという
話の進み方ですから
ふつうの小説ではないのです。

この小説は人間の幸せや悲しさ、
孤独や愛情を遠からず描いているような気がします。

描き方はストレートで
でも細かい表現はないのに
なぜだかこちらにひしひしと伝わります。
e0083922_6102123.jpg

多田の行天も憎めないのに
なんとなく胡散臭い奴で
この小説のキーパーソンです。

まほろという架空都市では
いろいろなことが起きます。
でも多田と行天は今日も解決するために
奔走するのでしょうね。

おもしろかったです♪


[PR]
by dopi19 | 2009-09-03 06:10 | ブックス | Comments(0)

みんな空の下 絢香さん

結婚を機にいろいろ活動を休むらしいですが
いや残念ですね。
絢香さんは非常に才能がある方ですから。

この「みんな空の下」もいいナンバーです。
ベストアルバムが今月23日に出るそうです。
なんだかさみしくなりますね。

非常に、POPなカテゴリーでは、
異色の歌い方で、ソウルフルな感じもします。

バラードで有名になったので
そういう路線をとりつつ活動していたんでしょうね。

歌はうまいし、楽曲にも恵まれていますね。
あの男優さんを射止めるだけの容姿もありますし。
性格もいいと思います。

いろいろな歌やコラボレーションもしたようですが
やはり三日月は良かったですねえ。

でもこのみんな空の下も負けていません。
非常に感動的に歌いあげています。

だんだん秋に近付き、
秋らしい青空のもと、この曲を
iPodで聴けたなら、気持ちがいいでしょうね。

ぜひ実現したいです♪

[PR]
by dopi19 | 2009-09-01 06:21 | 音楽 | Comments(2)