<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「火車」 宮部みゆきさん

宮部さんは読みだすと止まらなくなりますね。
私は読みやすい作家の一人です。

「理由」もよかったですが
この「火車」も読んで良かったです。

この本どうも相当売れているらしいです。
人気が高く、それで購入しました。
なかなか読み始められなかったのですが
ようやく読んであっという間に読み終えました。

ある女性が失踪します。
婚約者を残し消えます。

その婚約した男性がこの本の主人公である本間に
捜索を求めます。
本間は警察官ですが今けがで休職中。

女性を探していくうちに
債務つまり借金の本質、多重債務に陥る理由をひしひしと感じます。

探している女性は
親の借財のため、身元を変えてしまっていることがわかります。
つまり人が入れ替わり、違う名前の女性になっているわけです。

本間の必死の捜索が、この物語の主軸です。
その捜索過程が面白く描かれています。
e0083922_6273266.jpg

最後はあっという展開
つまりどんでん返しがあります。

読んでいてものすごい創作を宮部さんはしているなと思いました。
そして文は私向きで
内容は女性らしい繊細さがあります。

そんな魅力の詰まった一冊です。
相当な長編ですが読み応え満点です♪


[PR]
by dopi19 | 2009-02-24 06:29 | ブックス | Comments(1)

宮﨑あおいさん 「その夜明け、嘘」

行ってきました。宮﨑あおいさんの舞台です。
2月16日に渋谷から15分くらい歩いた
青山円形劇場で公演がありました。

チケットは奇跡的に取ることができました。
まさか本当に宮﨑さんにお目にかかるとは
想像していませんでした。

当日18時ころ着き、待っていました。
下調べしておそらくかなり近くで見られるなとは
思っていましたが、なんと前から3列目!!

しかも円形劇場というだけあって
舞台が丸く、その周りを円形状に囲むように
客席が設けられています。

これにはびっくりしました
こんなに至近距離であの宮﨑あおいさんを見られるのです。
嬉しかったです。

公演は19時スタート。
3人の俳優さんが努めます。
ほかには吉本菜穂子さん、六角精児さんが出ました。

内容はかなりシュールなのですが
コメディですから笑えました。

宮﨑あおいさんはやはり堂々たる演技でしたね。
顔が小さくてそのうえ結構長身で、痩身ですから
10頭身くらいに見えました。

それにテレビそのままのかわいさです。
笑うとはじけるようなキュートさでした。

でも芯が強く、かなりしっかり者の感じがします。
見ていて演じることが楽しくて仕方ないという感じでした。

吉本さんも六角さんも見事な演技でした。
舞台はやはり大変ですね。
汗だくで演じていました。

走り回り、かなりの声量と激しいセリフで
ぶっ続け2時間。
ただ見ているほうは、1時間くらいにしか感じさせない
見事で充実した舞台でした。

こんな間近で宮﨑あおいさんを見られて
幸せです。

また機会があれば演劇も見たいと思う
そんな爽快感が残る舞台でした♪

e0083922_6195369.jpg

[PR]
by dopi19 | 2009-02-18 06:20 | ドラマ | Comments(0)

暖かい週末

暖かな週末で結構なことでした。
私の住むところは最高気温でニュースに
取り上げられていて、驚いたり、笑ったり。

土曜は雨上がりで
いい天気で暑いくらいでしたが何もせず
昨日の日曜は洗濯をしましたが
11時には曇ってしまい、
なんだか面白くないまま
洗濯をとりこみました。

やはり天気がいい朝には
どうしても洗濯をしたくなるので
そのまま晴れていてほしいです。

おまけに寝具類を干している日は
余計です。
暖かく寝られるなあと思っていると
曇った日にはどうも不満がわきだしてしまいます。

さて土曜はまるで夏のようでした。
買い物に行き、結構重いものを歩いて運んで
家に帰ると汗がだらだら、、、

今何月かわからなくなるありさま。
2月だろと突っ込みたくなるような陽気でした。

でも暖かいとお風呂で寒い思いをしないですむし
足が冷えて夜困るなんてこともなく
いい感じでした。

今度暖かくなるときは
もう春めいてくるでしょう。
梅が咲きだしたでしょうかね。

あっという間に桜、ということになりかねません。
一日一日を大切に過ごしたいものです♪



e0083922_79883.jpg

[PR]
by dopi19 | 2009-02-16 07:10 | ブログ | Comments(4)

W杯最終予選 日本対オーストラリア

何故勝ち切れなかったか。
その問いには答えなくてはならないのなら
シュートを打たないからだ。

局面が変わったのは
後半の遠藤のミドルシュートが
枠内にいったこと。

この打開的なシュートが
日本のイレブンに闘志を燃やさせた。

しかし少し遅きに失した。
前半はセットプレーでしかチャンスを作れなかった。
田中や内田、松井が切れ込むが
シュートまではいかずじまい。

オーストラリアはなんとか自陣で守り
カウンターかパスカットでチャンスを見い出そうとしていた。
イエローカードを2人もらい、
あまり目立ったファウルはしないよう気をつけた感がある。

いずれにせよ首位にいるオーストラリアは引き分けでも上出来だった。
だからこそ日本には勝ちにいってほしかった。

田中、玉田はよかった。
大久保も切れていた。
中村も長谷部もいいボールを供給していた。

しかし決め手がない。
シュートが少ないのである。

これはもともと日本の傾向なのだが
チャンスは作るが、シュートがないので
決め手を欠き、勝ちきれないのだ。
e0083922_362424.jpg

内容は勝るいい試合だった。
しかし勝負は勝たないと意味がない。

これがトーナメントだったらどうなっただろう。
延長やPKがあったら。

そう考えると日本はホームでどうしても
宿敵を破っておく必要があった。

これからまだ半分試合が残っている。
ぜひ勝ち続けて、欲を言えば最終戦のアウェーのオーストラリア戦も勝ち
大和魂を見せつけて
2010年南アフリカでその雄姿を見せて欲しい♪



[PR]
by dopi19 | 2009-02-12 03:07 | ワールドカップ | Comments(0)

手塚治虫先生の凄さ

今週NHK-BS2で手塚治虫先生のマンガやアニメの特番を放送しています。
月曜9日放映のものを見ました。

2時間強の長さでしたが
面白かったです。

手塚先生といえば
やはり鉄腕アトム。
それからジャングル大帝。
火の鳥などなど。

アニメの先駆者でもあるのですが
やはり原点はマンガです。

そのストーリーには目を見張るものあります。
未来マンガ、ロボットマンガ、大自然もの、医学的もの
宗教もの、人間ドラマ、戦争関係。
あげただけですがもっとあることでしょう。

生涯700タイトル描いたということです。
本を700冊ではなく、一つの物語を700編描いたのです。
ものすごいです。

そして手塚先生はラストで
その物語の主人公を死なせてしまいます。
マンガで悲劇性を描き上げたのは手塚先生が
初めてらしいです。

9日のNHKの放送では、ゲストが手塚マンガの魅力を語りあったり
手塚先生の作品をきめ細やかに紹介していました。
ジャングル大帝レオも最後は死んでしまうし
アニメの鉄腕アトムも最終回ではアトムが太陽に突撃します。
e0083922_5404132.jpg

そんな悲しい結末でもなにか希望の道を示した
終わりにしているような気がします。

私はこれといって手塚先生のマンガは読んでいないのですが
家には「アドルフに告ぐ」があります。
読んでみようと思います。
手塚作品は永遠に語り継がれるでしょうね♪


[PR]
by dopi19 | 2009-02-11 05:41 | ブログ | Comments(0)

2冊の手帳

手帳を持つほど忙しいとかスケジュール管理しないといけない
わけではないのですが、今年はなぜか2冊手帳を使っています。

一冊はファイル式でこれは毎年リフィルを買っています。
主に日誌的にその日のあったことなどを記入しています。

今年はあるアンケートに答えて
もらったもう一冊の黒の手帳に予定を書き込んだり
その日の体調などをつけています。
予定には後でその予定をきちんとなしたか
またできないときはそのように
書いています。
e0083922_1712118.jpg

意外と手帳をつけだすと
きちんとつけないと気が済まなくなり
どうしても毎日気がついたり
予定、忘れがちなテレビのサッカー番組の時間などを
書き込んでいます。

手帳を必要には思わない時期が多く
というのもそんなに束縛される立場でもなかったので
なかなか自己管理ができませんでした。

今は少し用事が続くこともあり
予定を書かないと忘れることもあり(年のせいもあり)、
書いては、確認、そして感想などを記入しています。

まあ自己満足です。
後で振り返るのは
ファイル式の日誌のほうが多いのですが
今現在は予定記入の手帳のほうを
よく見ています。

手帳の予定に振り回されずに
マイペースでいきたいです♪


[PR]
by dopi19 | 2009-02-04 17:02 | ブログ | Comments(0)

FAカップ 4回戦再試合

プレミアの強いチームがいずれもFAカップ4回戦再試合をするので
楽しみである。

今週4日と5日にある。
それも早朝5時ころなので私にはちょうどいい。

アーセナルがカーディフと戦う。
これは私も引き分けた試合を見たが
いい試合だった。

しかもカーディフは下部のチームで
それもカーディフのホームでの試合で
いかにせよ盛り上がった。

カーディフのサポーターは
試合そのものを楽しんでいた。
何しろアーセナル戦は何十年ぶりだそうだ。

そういう相手に互角に戦い
しかもドローで再試合に持ち込んだところなど
なかなかやるではないか。

再三カーディフがチャンスを作った。
アーセナルは攻めあぐんでいた気がする。

いずれにせよ、
再試合は見逃せない。
カーディフには気合を入れて臨んでほしい。
e0083922_4201524.jpg

しかしこのFAカップならではの
引き分け再試合。
日程が詰まって大変だと思うが
全力で戦ってほしい。

もうひと試合は
エバートン対リバプール。
これもいい試合を望みたい。
最近リバプールが勝ちきれないのが気になる。
頑張ってほしい。

2月4日と、5日の
早朝、頑張って見ようと思う。
楽しみがまた増えました♪


[PR]
by dopi19 | 2009-02-01 04:21 | スポーツ | Comments(0)