<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

健康のありがたみ

今年を振り返ると
どうも私にとってはいい年ではなかったのです。

とにかく体調が悪すぎました。
一番良かったのはワールドカップ期間でしたが
その間睡眠を削ったり、ブログに投稿することを日課としました。
ワールドカップ期間は楽しく気合も入っていましたが
終わるとともに気力がなくなり、
疲れがどっと出て、思うように行動できなくなりました。

その後持ち直したものの
9月頃からまた長い間スランプでした。
それが12月ですから今月中ごろまで続きました。
その間どうだったかというと
とにかく疲れて疲れて仕方ありませんでした。
もちろん元気な日もあります。
でも、平均すると約7割がた
調子が悪い日のほうが占めていました。

悪いときは寒気、倦怠感、焦燥感、
果ては厭世感まで出てきました。
さすがにこんな状態で年明けするのはいやだと
とにかく目先を変えようと
疲れていても起きた後時間があるため
12月になって、毎日軽い運動を再開しました。
その中でスワイショウという中国の気功に関係する
運動、といってもリラックスして
腕を前後に振るだけなのですが
それをはじめて1週間くらいで
少しずつ効果が出始め、調子が上向きになりました。
e0083922_330921.jpg

その後疲れて不調の日もありますが
今はどちらかというと元気な日のほうが多く
本当にホッとしています。

健康は何事にも変えがたいです。
このありがたみはやはり悪いときを経験して
それを克服しないと実感が出ないと思います。

今年皆さんは健康でしたか。
来る年が皆さんにとって健康なそして素敵な年であるよう
心から祈念します。

今年も読んでくれた方、そしてコメントを下さった方、
トラックバックしてくださった方に感謝の念をささげます。
ありがとうございました♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-31 03:44 | ブログ | Comments(8)

ベスト1

今年のベスト1を部門ごとに考察したいと思います。

私がよく書くジャンルの
音楽、本、スポーツの3分野であげたいと思います。

まず、本は今年は
まだ騒がれる前にリリーフランキーさんの「東京タワー」を
読みました。
それから、東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」
今年最後のほうで読破した村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」
以上3作品のうちやはりベスト1は
「ねじまき鳥クロニクル」です。
あの世界観はひとことで言えないほどすごいというかすさまじい。
村上さんには是非ノーベル賞を獲ってほしいですね。

そしてスポーツ。
野球ではWBC日本代表優勝、
トリノ五輪フィギュア荒川静香さん金メダル、
松坂大輔投手のボストンレッドソックス契約と
いろいろありますが
やはり私の好きなサッカーW杯。
ワールドカップは日本が惨敗しましたが
私の忘れられない
試合は準決勝ドイツ対イタリアです。
あの延長後半最後の方のイタリアの立て続けのゴールは
ドイツを応援している私には
あまりに痛すぎる衝撃でした。
この試合はもちろんイタリアが勝ちました。
この一戦がベスト1.
e0083922_1148443.jpg

最後に音楽。
シングルのみにしておきます。

3作品をあげます。
レミオロメン「粉雪」
YUI「I Remember You」
絢香「三日月」
甲乙つけがたいですが
さびのよさで「三日月」です。

欲を言えばYUIさんの
セカンドアルバムが出ていたら
買ったのですが・・・

というわけで今年の
私の勝手なベスト1を好きなジャンルで
決めました。
来年は何が飛び出すやら楽しみですねえ♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-30 11:49 | ニュース | Comments(4)

リアリスト

私はリアリストです。

よく言えば実行的で努力家、
悪く言えば夢がない地味な人と
いったところでしょうか。

まず旅行に行きません。
そういうお金があったら
自分の趣味に使うほうです。
そして、映画を見ません。
映画館にも行きませんし、TVで割合すぐ
放映するのでDVDも借りません。
でも映画を見ない人が悪いというわけでは
ありません。
私は映画を見るより
ニュースやスポーツを見たほうがいいのです。
だから現実を直視しているという意味です。

何か話題に上るものがあれば
見たり聴いたりしたいし
手に入るものなら買って試したくなります。
e0083922_4544994.jpg

リアリストというのは自分が勝手につけているので
こういう言い方が私自身に合うかどうかは分かりません。

ただいえることは
世の中をよく知り、それにあわせて生きるのが
得意なのだけれど、
ある意味不器用で実直すぎる生き方をしています。

これを読んでくださる方にも
私がそういう人間であるのが
少し分かってくださる方がいるのではないかと思います。

こんな奴ですが、これからもよろしくお願いします♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-29 04:56 | ブログ | Comments(4)

不調の理由

昨日は一日寝ていました。

決まった仕事をしていないので
家で休むことができるのですが
仕事があったらそうもいかないので
自分としては助かっています。

ただ先週の月曜から、今週の月曜まで
ゆっくりできたのは1日だけで、あとの7日間は
何かしら用事やすることがあり
まさに私としては今年最後の山の週でした。

しかも休める日には、無理をして洗濯や掃除をしてしまい
うまく休めず、その疲労感たるや言葉にはなりません。

そんな週をすごして
昨日その影響というか、反動が一気に出ました。
原因不明の寒気に襲われました。
しかも断続的です。
昨日は暖かく、しかも布団に厚着をして入っていても
体がぶるぶる震えました。

ただ、今までも疲労がたまると
よくおきていたことなので、またそれに対策はなく
ゆっくり休むしかないので
昨日もそうしていました。

ただ、寒気は続き、しかも午後には
熱も出ました。
風邪ではないのです。
だんだんイライラしてきました。
いっこうに良くなる気配がないからです。
食事もおいしくなく、本当につらかったです。
なにをしても楽しくないし、だんだん暗い気持ちになりました。
e0083922_6153426.gif

もう夜早めに寝るしかないと思い、
眠りました。
よく眠れました。
おきた後一回寒気にまた襲われましたが
今こうして書いているということは
おかげさまで復活したわけです。

どうやらいい年末年始が遅れそうな
いい予感がします♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-28 06:16 | ブログ | Comments(4)

のだめカンタービレ

いいドラマでした。
いつも書こうと思っていましたが
最終回まで待ちました。

私は原作の漫画は一切読んでいませんが
このドラマはかなり原作を踏襲して作られているなあ
と最初から思いました。

思わず笑ってしまうコミカルさと
その音楽に対する情熱が伝わってきましたね。

のだめこと野田恵と千秋の絡みは
秀逸でした。
そのあまりにも漫画チックな表現は
見ているこちらが引き込まれました。
特に特殊な映像は、たとえばハートマークが出てきたり
のだめが飛ばされたりする
今までになかったような斬新な映像も
非常に興味深いものでした。

なによりクラッシック音楽をブームにまで押し上げた
このドラマの影響力に感服します。
改めてクラッシックの奥の深さも感じさせてくれました。

音楽大生がすべてあんなふうではないと思いますが
出てくる皆さんが一体になって
オーケストラという舞台で
生き生きして演奏する姿に
こちらまで感動させられるすばらしい作品でした。
e0083922_6163159.jpg

漫画はまだ続いているようなので
ドラマも続編が楽しみです。

必ず見ますから作ってくれないですかね。
のだめと千秋の愛の行方はいかに、です♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-26 06:23 | ドラマ | Comments(4)

小学生のマドンナ

先日電車に乗り
たまたま小学生の集団に出会いました。

いまや少子化の影響か
ひとクラスにしては少ないなあなどと
思い、面々を見ていました。

自分の子供のような年頃の児童たち。
しかしその中で異彩を放つ美形の女子を見つけました。

でも一目ぼれなんてことはないわけで
きっとこんな女性は小学生とはいえ
男性からもてるのだろうなあと独り感心していました。

でもよく見ると
そういうかわいい子に限って
やはりセンスがいいのです。
着ている服も重ね着で、フードつきのダウンジャケットだし
下もちゃんとブーツカットのデニムだし、
髪もきれいにカットしているし・・・

なにせ背も高く目立つのです。

生まれてくるときから
もてるべくして生まれてきて
そしてセンスの良さを持ち備えて
育ったのだと思います。
運命的に美しい女性への階段を
登っているのですね。

3駅ほどしていっせいに降りるのですが
その子はやはり最後のほうに降りる。
降りるときまで華やかさがあるのです。

私は小学生などに目もくれないよという感じで
文庫本を読んでiPodで音楽を聴いている振りをしていましたが
実はよく観察していました。
e0083922_4315580.jpg

美しい人は子供の頃から
その気配が漂い、どういうわけかセンスもいい。
格差社会などといいますが
ここでも差が生じているではないかと
少し憤りを感じつつ、しかしいたく感心した
午後のひとときでした♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-25 04:38 | ブログ | Comments(2)

洗濯

晴れた日に洗濯をするのが好きです。

特に寝具を洗濯して父に文句を言われながらも
2回のベランダで干すのがすきなんです。
寝具しか干せませんから。

何より自分の身につける衣類、
また毎晩お世話になっている寝具、
これらをきれいにして、また着たり、寝たりすることで
自分が守られていることに
感謝しています。

この時期は晴れていても
私のうちは周囲の環境から
日差しが少なく、なかなか干すのに苦労します。

また、朝早くから洗濯しても
まだ夜が明けていないですから
干すわけにもいきませんので
なかなか難儀なんです。

洗濯機はまだ2層式を使っています。
母の好みで買ったからです。
私も面倒ですが2層式に慣れました。
最近は母が体の具合で
洗濯を毎回できないので
その分私がカバーするときがあります。
e0083922_538397.jpg

でも、私はいつもiPodで音楽を聴き
新聞を読みながら洗濯するので
なかなか楽しいときが過ごせます。

今朝は晴れそうなので
これから洗濯をするつもりです。
本当は疲れているので寝ていたいのですが
晴れそうなので、私の洗濯をしたい虫が
ざわざわと騒ぎます。

まだ夜が明けぬうちから
洗濯のことを考えなくてもいいような気がしますが、、、
年末です。
がんばって大洗濯しま~す♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-23 05:46 | ブログ | Comments(6)

献血

変な話ですが私は献血が好きです。
年に数回、可能な限りしていました。

毎回400MLをします。
針をさされるとき必ず
「いい血管ですね」と褒められているんだか
よくわからないことを言われます。

しかも終わるのが早いのです。
献血後のジュースが楽しみです。

場所によってはお菓子があったり
飲み物の飲み放題もあるはずです。
(お酒ではないですよ)

高校時代に初めてしてから
必ずしてきました。
しかも毎年のようにしましたから
もう癖になっています。

献血は私のよくいく
最寄駅の近くにバスがとまっていて
その中でするのですが
ここ数ヶ月来ていないのです。

先日市の広報誌を見ていたら
すべて私の家からは遠い
イトーヨーカドーの近くでしているようです。
そこは割と若い家族連れや世代としては若い方が
多いため、協力も多いのでしょう。
ですから私はここのところ献血をしていません。
e0083922_5205066.jpg

今たまたまニュースで
献血の話題が取り上げられていて
書くのを思いつきました。

どうやら遠出しないと
献血はできないようです。
近くに来てくれないかなあ♪


[PR]
by dopi19 | 2006-12-22 05:31 | ブログ | Comments(6)

缶コーヒーの箱買い

私はコーヒーが好きです。
たいていこの時期はBROOKSのコーヒーを
ドリップして飲んでいます。

でもたまに缶コーヒーが飲みたくなります。
以前書いたかもしれませんが
私はコンビニや自販機で飲み物は
ほとんど買いません。
高いからです。
飲み物はスーパーなどで値引きされているものを
買い、自宅で冷やして飲むようにしています。

出先でどうしてものどが渇いたら
ミネラルウォーターを買います。
でも夏の一番暑い時期だけで
寒い時期はのどが渇いても我慢します。

ですから缶コーヒーが常にあるには
買い置きしなくてはなりません。

ところが缶コーヒーはなかなか安く売っていません。
それにあまり飲む機会がないので
無駄になるかもと、いつも買わないでいます。
e0083922_6125738.gif

でも、毎年年末になると
リカーショップ(酒屋)で箱の缶コーヒーを
安売りするので、それを買います。
今年も買いました。
それで大体、半年はもたせることにしています。
30缶で2000円。
1缶67円。普通に買えば120円ですから
かなりお得です。

年末の恒例行事の一つに
缶コーヒーの箱買いも入れなければならなくなりました。
でも年末という気がしないこの頃です♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-21 06:19 | ブログ | Comments(2)

Yes-No オフコース

名曲です。
私が高校生の頃はやりましたから
相当昔の曲です。

今、i(ai)というベストアルバムが出ていて
にわかに注目されつつあるようですね。

ヒットした頃ちょうど多感だった私も
こういう切ない歌詞とメロディーに
ずいぶん思い入れがありました。

当時オフコースは軟派な人が聞く音楽だという
偏見があり、私も流されてしまったことが
あるのですが、いやいやどうして
今懐かしく聴くといより、こんないい曲は
なかなかで出ないなあと感心しきりです。

「さよなら」「愛を止めないで」など
さまざまなヒットを飛ばし、
一時代を作ったオフコース。
支持は男女問わずあったと思います。

すばらしいメロディと小田さんのきれいな声が
われわれにストレートに訴えかけてきました。
e0083922_5174317.jpg

この「Yes-No」の歌詞は
当時私にはよくわかりかねましたが
「好きになってもいいの」というくだりが
なんだか複雑な心情を表していようで
今でも心に引っかかります。

なんにせよ、当時は大人気だったオフコース
今の若い方にもぜひ聴いてほしいナンバーです♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-19 05:26 | Comments(2)