<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

菓子パン

私は家で昼食をとるとき
たいてい菓子パンを食べています。

ちなみに菓子パンとレタスとトマトのサラダ、バナナを食べます。
少し物足りないのですが、そこは年も考えて
甘いものをとっているのでそれ以上は食べません。

菓子パンにもいろいろありますが
私はチーズ蒸しパンやアンパン、コッペパンが好きです。

いま、ぶどうぱんというのがあって
それはパン生地に水ではなく
牛乳と卵が使ってあり、入っているのは干しぶどうだけなのですが
おいしいのです。
くせになりますね。
それに大きめなのでおなかも膨れます。
e0083922_4491415.jpg

若いころは菓子パンなど
甘いものでも、2つは食べていました。
でも今はどうしても体や健康のことを考えると
カロリーまで気にしますね。

甘いお菓子など食べないので
せめて菓子パンでその代用としています。
それにしてもパンひとつでもいろいろな種類が
あるものだと
いつもスーパーのパン売り場で感心してしまいます♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-30 04:52 | Comments(12)

「伊右衛門 濃いめ」を飲みましたよ

私はあまり飲み物、特にペットボトルの飲料などは
好んで買いません。
缶コーヒーなら110円の自販機を探して
買う始末です・・・

なのであまり飲み物に関しては
よく知りませんが
お茶に関してはこだわりがあります。
やはり伊右衛門が好きです。

あの独特の香りとすきっとした後味が
初めて飲んだときに感動するほどでした。
以来お茶は伊右衛門にしています。
でもほかのおーいお茶などもたまに買いますが・・・

そんなお茶が最近伊藤園の濃いお茶に触発されたか
キリンが生茶濃い味 サントリーが伊右衛門濃いめを出しました。

というわけでスーパーで売出しがありまして
伊右衛門濃いめを買いました。
e0083922_444712.jpg

濃いです!
濃厚です。
味に深みがありますが、それなりに味わいがあり
香りが芳醇です。

まだまだ出始めでこれからどういう展開が
あるかはわかりませんが
濃いお茶をご所望の方は一度飲んでみるといいですね♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-29 04:09 | ブログ | Comments(2)

「タイムマシンにお願い」 Sadistic Mica Band

私がまだ学生のころ、あるいはもっと前の子供のころのナンバーかもしれません。
ご機嫌なサウンドとメロディで
いつも口ずさんでしました。

今回CMのためかもれませんが
06Versionということでヴォーカルはどうやら木村カエラさんが
担当しているようです。

この楽曲のいいところは
メロディラインです。

誰にでも口ずさめるような軽快なメロディが
印象的です。
ほんとに「タイムマシンにおーねがいー」というあたり
いっぺん聴いたら憶えられるようですね。

いろいろなミュージシャンが参加して
レコーディングされたようですね。
やはりこの曲は日本のPOPSとして
代表的なナンバーなんです。
e0083922_41291.jpg

誰で知っているというわけではないかもしれませんが
一度は耳にした楽曲で
一度聴いて感激した方は日本のポップスが
好きでいられる方だと思います。

あまりバンドのメンバーや曲自体の背景など
詳しいことは知らないのですが
心に残る名曲だと今も確信しています♪


[PR]
by dopi19 | 2006-07-28 04:04 | 音楽 | Comments(2)

テレビ朝日 堂真理子アナ

初めて見かけたのは
ご存知ミュージックステーション。
また新人アナが担当しているか・・・としか思わず
ろくに見ませんでした。

でも名前が珍しいので覚えていました。
今年のワールドカップで日本がオーストラリアに
悪夢のような負け方をした翌朝
市民がどんな反応をするのかチャンネルを
まわすうち、テレビ朝日の
やじうまプラスという早朝番組を見て
堂アナが出ていることを知りました。

松井アナが新聞をどのTV局より早く
一面から紹介をするコーナーがあり
そこに何気なく出ています。

ああこんな童顔の人もアナウンサーなんだと
思い、感心していました。

ある日よーく見ていると
かわいい顔をしていることにはたと気づき
ではアナウンサーとしてはどのくらいの技量を持っているのかと
思い聞いていると、うまいではないですか。

ニュースを読むのですが
かなりレベルの高い読み方をしています。
e0083922_17141492.jpg

いっぺんでいいアナウンサーだと惚れ込んでしまいました。
一緒に担当している松井アナも
たまに彼女をほめるので
同僚の評価も高いんだと思います。

これからが期待のできる
若手女子アナです♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-26 17:16 | レディ | Comments(4)

DOVEの新しいボディウォッシュ

1ヶ月前にDOVEのボディウォッシュを買いました。
今まで使っていたのもダヴで肌がすべすべして
気に入っていました。

よく見ると新製品が出ています。
あたらし物好きな私は少々高いものにもかかわらず
手を出してしまいました。

その名もDAVEボディウォッシュリフティングモイスチャー。
モイスチャーミルクと天然海洋コラーゲンが入っているそうです。

シルキーベールというすべすべ感があるということです。
肌に弾力を与えるのだとか。

はじめはこんな説明もろくに読まずに
ただどんなものか試しました。

実際は少し量を使わないと泡立ち不足になります。
それににおいはいい感じで不思議なかおり。
なにせ海洋コラーゲンですから特有な香りです。

ただどうして泡立ち不足になるのかというと
どうやら洗っているうちに成分が肌にしみこむというか
肌に作用しているのですね。
e0083922_55522.jpg

今までのダヴモイスチャーもつるつるすべすべになるので
気に入っていました。
このリフティングはさらに効果大です!
すべすべつるつるがさらに増しています。
それにしっとり感が増しています。

男がそんなことにこだわってといわれるかも知れませんが
最近は男性も清潔感があったほうがいい風潮はあることは確かです。

少し高い価格ですが
それなりの効果があるのだと
やはり高いものはそれなりにいいものだと
実感したバスタイムでした♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-25 05:07 | ニュース | Comments(8)

「タイヨウのうた」を観ましたよ

先週の18日の日曜に映画を観に行きました。
私の住む近くには映画館はなく
いつも自転車でかなりいったところで見ています。

梅雨時で自転車で行けるかなとも思いましたが
何とか天気も持ち行くことができました。
午前中の1回目、8時からで1000円で見ることが
できました。

その映画は「タイヨウのうた」
テレビドラマも始まっていますから
内容は書きません(楽しみにしている方もいるでしょう)。
でも、感動的ないい恋愛のストーリーです。

YUIさんと塚本高史さん主演です。
YUIさんはこの映画の主題歌でブレイクしましたね。
Good-bye Daysです。
塚本さんもなかなかさわやかで男前のいい役者さんです。

若い男女のありふれた恋愛なんですが
このYUIさん演じる雨音薫の難病がさまざまな障害となり
二人の恋に難題を投げかけます。
e0083922_3241321.jpg

見終わった後はなんともいえない爽快感がありました。

塚本さんがYUIさんに向かって
「太陽が沈んだら会おう、太陽が沈んだら迎えにいくから」
というせりふが心にジーンと響きました。

私は恋愛には無縁なオッサンですが
ぜひ若い方にはこういう純粋な恋愛をしてほしいなあと
切に思ったりします。

お金をかけて作った映画ではないかもしれませんが
心を打ついい映画でした♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-24 03:26 | ムービー | Comments(6)

BONNIE PINK 「A PERFECT SKY」

澄み切った声というのはこの方のためにあるのではないかと
思うほど声質はもともと評価していました。

この歌はCMとタイアップしてヒットにつながったようですね。
また、メディア特にテレビに本人が出て
プロモーションに精を出した甲斐がありますね。

でも楽曲としてもいいものだと思います。
真夏にあわせたような作り方、ビーチで流れていたら
爽快感があるようなサウンドが生かされています。

それからBONNIEさんの非常にいい英語の発音が
この楽曲の魅力を引き出していきいきさせていると思います。

私は最初は恥ずかしいことに
BENNIE Kの二人とBONNIE(PINK)さんの区別がつかない
音楽通としては痛いミスを犯していました。
そのうちに両方がメジャーになり
ちゃんと認識していますがこの両者はなかなかどうして
人気者になりました。
e0083922_1258072.jpg

今度ベストアルバムが出るらしいですが
どうやらこのBONNIEさんは1995年から活動していたですね。
10年選手とは思えないくらいに
フレッシュな歌声に聴き入っています♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-23 13:01 | 音楽 | Comments(2)

言い訳 ポルトガル4位とブログ休養

さて12日も間があいてしまいました。
私の重病説も出ていたんではないかと
勝手に想像を大きくしております(笑)。

まずワールドカップは終わりました(とっくだよ!)。
私はポルトガルが優勝すると宣言しました。
結果は4位。
その反省を込めて振り返ります。

私はイタリアは決勝リーグに残らないと予想しました。
ですから大きなミスを犯しています。
ああいう私のとってはあまり好ましくないサッカーで
優勝するのはどうかなあと思いますが
でも強いことは強いんですね。
守り勝つ。
攻撃はセットプレーを大事にする。
組織的に試合を進める。
そういうサッカーでした。

準決勝まで残ったポルトガルはよくがんばったと思います。
フィーゴ、デコ、C・ロナウドなどを中心に
攻撃的な面白いサッカーでした。
グラウンダーのボールを多用し、
ドリブル突破からも試合を展開する見事なサッカーでした。
攻めて勝とうするポジティブないいチームでしたね。
でも4位以上になれないのは
日本と同様ストライカーの不在だと思います。
また個性が強く、組織的にいまひとつ欠けるかなという感じです。
みなさんポルトガル優勝できませんでした。
予想がはずれ申し訳ありません。
e0083922_5384227.jpg

そしてブログが更新できませんでした。
これもお詫びします。申し訳ありません。
実は先週はじめくらいからPCが作業中に消えるというトラブルが発生して
とうとう故障し、修理になりました。
12日に出し、19日に返ってきました。

ただ、復旧が大変でした。
XP サービスパック2を入れると、インターネットにつながらなくなり
困り果てました。
私のPCメーカーは富士通でいろいろ懇切丁寧なサポートを受けましたが
うまくいかず、SP2を入れないまま使おうとも思いました。
でもセキュリティーの問題があり
またいろいろな面で不自由になることは確かです。
昨日まで、3日間パソコンに向かいっぱなしの生活でした。
さすがに疲れて、途中「もうパソコンをやめようかな」というような
弱気にもなりました。

最後の手段としてマイクロソフトのサポートを受けることにしました。
これはWindowsの事が大きくかかわっているからです。
マイクロソフトのサポートも大変しっかりして、親切で丁寧ですばらしいものでした。
結果、SP2を特別な方法でインストールし、
無事安定しました。
インターネットにもつながります。
安心してまた、パソコンライフをすごせます。
なにかあったらサポートは頼りになりますよ!
そんなわけでまたブログも再開です。

最後に私がこのブログを休養していて
更新していない間にも多くの方が見にいらしていただき
まことにありがとうございます。
いろいろご迷惑をおかけしました。
これからもより面白いブログにしていくため
日々努力する決意でおります。
今後もよろしくお願いします♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-22 05:42 | Comments(13)

ラストダンスは踊れない

まさに絵に描いたような死闘だった。
お互いに力の限り戦い抜いたいい試合だった。
彼が最後までいれば。

イタリアは24年ぶり4回目の優勝を
きめた。
PK戦では勝てないというジンクスを
見事に払拭したゲームだった。

試合そのものはフランスがコントロールしていた。
激しく責攻めるフランスに対し
守りきろうとするイタリア、という構図だった。

やはり目立ったのはジダンとリベリー。
一方ピルロとかカンナバーロ。

お互いに1点を取り合った後
攻めてはいたが、やはり堅い守りで
決定機を摘んだ。

その後延長後半に思わぬ破綻を
フランスがきたした。
ジダンが退場。
VTRでははっきりわかる
非紳士的行為だった。
e0083922_7384085.jpg

相手がかなり屈辱的なことを言っただろうが
やはりあの行為はまずいと思う。

10人になったフランスだが
なおも攻めた。
イタリアは守ってあえてPKに持ち込もうとしていた。
あの嫌なPKでも
イタリアは勝つんだという執念があった。
だから守りぬけたのだと思う。

ジダン選手はいなくなってしまった。
彼はこれでユニフォームを脱ぐ。
最後に華麗にダンスは踊れなかった。
負けても、ワールドカップのフィナーレを
彼自身が、また我々も彼の姿を
焼き付けておきたかった。

彼は自分の首を絞めるような
まずい結末を描いてしまった。
e0083922_7385649.jpg

イタリアは賞賛されるべきいい戦いをした。
リッピ監督が変える選手がことごとく活躍した。
目立った選手もいたがチーム全員で勝ち取った
黄金のトロフィーに拍手を惜しみなく送りたい♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-10 07:43 | ワールドカップ | Comments(10)

爆発する魂

まさにドイツ、開催国の意地を見せつけた勝利だった。
ポルトガルはフィーゴの絶妙なクロスからの
ヌーノゴメスの1点がやっとだった。

3点のうち1点はオウンゴールだが
すべてはシュバインシュタイガーの
強烈な弾道から生まれたゴールだった。
e0083922_8444280.jpg

圧巻とはこういうことをいうのだろう。
前回のMVPであるものの、
今大会は控えGKのカーンがものすごいセーブの連発。

攻撃に移ると積極果敢に攻めあがる中盤。
まさにドイツが本国主催の誇りにかけても
3位になるのだという強い意志が感じられた。

ただ、ポルトガルはポゼッションや枠内シュートは
ドイツを上回っていた。
その意味では試合はコントロールしていたものの
勝負には完敗といえるかもしれない。

ドイツはシュバインシュタイガー抜きで語れないほど
彼の威力ある2本のミドルシュートは素晴らしいものだった。
特に3点目のシュートは
自信ありげにキーパーがどう動こうと入る軌道を描いて
ゴールに吸い込まれた。

彼の一人舞台といいたいところだが
やはりカーンもまたポルトガルではデコや
C・ロナウドが抜きん出て目立った。

いい試合だった。
1戦ごとに強くなっていくドイツはさすがというほかない。
クリンスマン監督も満足のいく結果であったろう。
e0083922_8491435.jpg

大会前には散々言われたが前回同様
そんな前評判をものともせずに勝ち進んだ。

力が爆発したドイツの魂の真髄を見たような気がする♪

[PR]
by dopi19 | 2006-07-09 08:55 | ワールドカップ | Comments(2)