<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

布谷文夫「ナイアガラ音頭」

大瀧詠一さんが相当好きな人でないとこの楽曲は知らないと思います。
しかも相当古い曲です。
大瀧さんはアメリカンポップスをこよなく愛しながらも一方でユーモアの旺盛な方で愉快な楽曲をプロデュースしておられます。
その中のひとつ「ナイアガラ音頭」はなかなかどうしていい感じでできています。
そのほかにも「Let's Ondo Again」や「禁煙音頭」「イエローサブマリン音頭」などがあります。
ビートルズをパロディのネタにするのですからなんとも大胆です・・・
日本独自の「音頭」文化を大切に思われている大瀧先生は素晴らしいと思います。

さて、私が敬愛するブログの「うさこ日記」の作者であるうさこさんがオリジナルで創られた「いえうさぎ音頭」というこれまた日本の心ともいえる力作がありますので一度聴いてみてください。
いい音頭です。
http://www.a-llen.com/~usako/music/ieusagi_ondo.mp3


e0083922_453613.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-31 04:57 | ブログ | Comments(1)

Daryl Hall & John Oates 「Private Eyes」

久々の洋楽です。
うさこ日記のうさこさんが好きらしいのですが、私もこの曲はよく聴きました。
高校生だったと思いますが、なかなかレコードが買えず、当時のラヂオのFENで土曜の午後に流されていたアメリカントップ40で上位だったこの曲をよく聴きました。
当時としてはほんとうにPOPで明るいナンバーでした。
洋楽は聴く人は多かったとは思うのですが、私がラヂオを聴いていても私の同級生は一人として反応しませんでした。
どうしてかなあ???
この後もヒットを連発するホール&オーツです。
今は聴くことがあまりないのですがうさこさんのおかげで懐かしいアメリカンポップスにまた巡り合えました。
e0083922_4314978.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-29 04:36 | ブログ | Comments(2)

K 「Only Human」

この曲を知っている方は相当な音楽通です。何しろ発売前ですから。
でも、テレビドラマの主題歌ですからご存知の方もいると思います。
とても切ないバラードです。
イントロのピアノが悲しさをより濃いものにしています。
これは現在放送中のフジテレビ系火曜9時の「1リットルの涙」の主題歌です。
生きるということがどんなに貴重でありがたいことか、難病に冒されつつも懸命に生きる一人の少女の感動的な話をモチーフにしています。
あまりドラマには言及しませんが僕がこの秋一番期待しているドラマのひとつです。
このエンディングソングを聴きつつ涙をぬぐう、寂しいオッサンです。
最後の「強く前へ進め」という歌詞はこのドラマの主人公であり、実在の木藤亜也さんの生き方そのものであると強く確信します。
この楽曲売れるといいなあ!

SKYさんにトラックバックしました!http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10005558054



e0083922_47458.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-29 04:07 | ブログ | Comments(1)

倖田來未「キューティハニー」

この方は名前を書くのが大変ですから、あえて彼女と書かせていただきます・・・
それにしても彼女は歌がうまいですね。なんでも「エロかっこいい」ということで人気があるそうですが私はもともと歌がうまい若い女性なので注目はしていました。
この「キューティハニー」というのアニメで(ご存知ですね)ちょっとそれこそエロい場面があるんです。でも正義の味方ですからいいんです。
というわけでリメイク版のテーマソングを歌うことで一躍名前をはせた彼女です。
今アルバムが売れてるそうですね。音楽業界にはありがたい存在ですね。
さほどシングルは「売れた!」ものはないものの彼女の歌唱力や魅力からアルバムは売れるのでしょう。
若いけれど存在感が充分ありますね。
e0083922_5322026.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-27 04:33 | ブログ | Comments(0)

GARNET CROW「夏の幻」

今年知り合いに紹介され、初めて聴いたこの曲。
はっきり言って衝撃でした。頭を殴られる感覚というのはこういうときを言うんだなあと知りました。
それだけ新鮮で心に響くいい楽曲です。
メロディはもちろんヴォーカルの個性が光ります。
まずイントロのギターのストロークから感動的です。そして歌に入るところがまたかっこいい!
見事な展開でアット言わせますね。
こういう曲を自分で発見できなかったのは残念です。人から教えてもらうだけありがたいと思いますがこの「夏の幻」を自分で掘り出し、衝撃を受けていたらもう少し音楽に対する姿勢がまた変わっていたかも知れません。
それだけ思い入れの強い曲です。
いつもiPodではじめに聴きたい曲です。
e0083922_575678.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-26 05:07 | ブログ | Comments(0)

チューリップ「青春の影」

この楽曲も名曲だと思います。かなり昔の曲なのですがドラマ「ひとつ屋根の下」でつかわれ若い方も知ったのだと思います。
ほんとうに美しいバラードで素晴らしいラブソングだと思います。
純粋に好きなメロディだし、歌っている財津和夫さんの声は耳にいい感じで響きます。
歌詞もシンプルなんですがまっすぐ心に突き刺さる感動的なものです。
僕が高校生のときに音楽の授業で歌を一人ずつ歌わなくてはならなくて、僕はかぐや姫の歌を歌い先生に酷評されましたがこの「青春の影」を絶唱した友人は褒められて、うらやましく思いました。
いろんな思い出とともに今でも美しいと思う楽曲です。
いつまでも人々の心に残りますように・・・
e0083922_4482364.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-25 04:47 | ブログ | Comments(1)

井上陽水「少年時代」

私が小学生の頃、病気で学校を休み、家で療養していたとき、ありがたいことにラジカセ(当時はぜいたく品)を買ってもらい、夢中でラジオから流れる曲を聴いていました。
陽水さんの「心もよう」がたびたび流れ、その美しい声とメロディに圧倒されました。
それから20年また陽水さんの「少年時代」を聴くたび、自分の少年時代の頃を思い出し、陽水さんの「少年時代」を口ずさみます。
この歌も、美しい思い出とともに、綺麗なメロディに魅せられています。
いつまでも人の心に残る名曲だと確信しています。
e0083922_4564939.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-24 05:00 | ブログ | Comments(0)

SMAP「世界に一つだけの花」

これは今では老若男女がいい曲だと絶賛してくださる名曲になりました。
もとは前にも書きましたが槇原敬之さんの作った楽曲なんです。それでSMAPの皆さんがあまりにもいい歌を歌ってる、この曲は素晴らしいと除々に広まったんですね。
僕もはじめ聴いたときは「なにか狙っているなあ」としか位にしか思えなかったんですが何回か耳にするうちに好きになり、自分のお気に入りになりました。
これは、純粋にいい歌だと認められる自分がいいなあと思えるくらいで・・・
とにかくはやっているからとか、みんなが好きだからではなく、それこそ純粋にいい楽曲だからヒットして人々の心に残る名曲なんだと今でもつくづく思うんです。
名曲よ永遠なれ!
e0083922_14401621.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-23 14:41 | ブログ | Comments(0)

荒井由美「やさしさに包まれたなら」

この曲はむかしのCMソングです。
不二家のLOOKチョコレートだと思います。すごく新鮮なイメージのCMでした。
LOOKチョコはおいしく、その頃は果物のイチゴやバナナのクリームが入っていたと思います。
今は黒ゴマやきなこが入っているんですねえ。
おいしさとやさしさに包まれているようでとてもいい感じです。
e0083922_6264089.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-22 06:28 | ブログ | Comments(1)

UA「情熱」

この歌はリズムとメロディが心にしみます。
冒頭のドラムの入り方が大好きです。UAさんはテレビでは見なかったのですが、今年の夏頃(?)NHK教育TVで童謡の特集で出ていられて、童謡を歌っていました。とても素敵な方です。
R&Bの女王といってもいいのではないかと思います。最初に注目されましたからね。
大きなヒットはないのですがやはり実力があるから今でも支持されるのだと思います。
圧倒的な歌唱力は折り紙つきという感じでほんとうに聴いていて心地いいです。声も素敵です。
私は「甘い運命」も大好きで、この情熱とともによく聴きます。
なにか、この秋という季節になにか切ない感じでよく合っている感じです。
これからもぜひ活躍していただきたいです。
e0083922_521012.jpg

[PR]
by dopi19 | 2005-10-22 05:22 | ブログ | Comments(1)