カテゴリ:メジャーリーグ( 62 )

10月の楽しみ

10月の楽しみはなんといっても
メジャーリーグのポストシーズンです。

このポストシーズンは
地区シリーズとリーグチャンピオンシップ、
最後にワールドシリーズと何回も勝たないと
なかなかチャンピオンになれないという
厳しさがあります。

フットボールもいろいろあり
つまりリーグ戦も、、CLも、あとは代表戦もあるので
大変です。

メジャーは朝はやい試合があると
必ず見ます。
競った試合が多いので
見ていてハラハラしますね。

昨日もワシントン・ナショナルズとサンフランシスコ・ジャイアンツの
試合が延長18回まであり、
さすがのNHKも中継しきれず
なんだかとんでもない試合でした。

それでも選手は必死で戦うので
見ていとても惹きつけられます。

ピッチャーがいいチームが
多いのでロースコアもありますが
絶対的なエースが打たれるということもあり
なかなか意外性にとんでいます。
e0083922_6474950.jpg

さあ、日本もチームが少ない割には
試合を多くして、日本シリーズまで
何回もやります。

やはりメジャーの方がいいというわけではないのですが
緊迫感や球場の盛り上がり方は
一枚上のような気がします。

[PR]
by dopi19 | 2014-10-06 06:48 | メジャーリーグ | Comments(0)

松井秀喜選手 2010新たなる挑戦

松井秀喜選手の2010年、新しいシーズンが開幕した。

今シーズンからは赤いユニフォームにそでを通すことになった。
ロサンゼルス・エンジェルスという新天地での
新たな戦いが始まる。

迎えた開幕戦。
念願の守備にはつけなかったが
4番DHでの先発出場。

同僚にはゴールデングラブ常連のトリー・ハンター
元NYYで一緒の巧打者アブレイユ
若い5番のモラレスがいる。

松井選手は両膝を悪くし
メスも入れた。
今年は新しいチームでの再起をかける
重要な年である。

NYYでは守備にはつけないということ
またいろいろな条件が折り合わないため
出ていかざるを得なかったのだろう。

今年はその豪快な打撃を買われて
守備には不安が残るものの
4番として監督からも期待をかけられ
重責を担うこととなった。

その開幕戦。
見事に決勝タイムリーを放った。
e0083922_302457.jpg

おまけに開幕アーチを
豪快にセンターに放った。

見事なバッティングだった。
これでまず4番の期待に応えたと言えるだろう。

今後こういう活躍がいつもできるとは限らない。
打てない日も出てくるはずだ。

しかしそれでもなにかでチームに
貢献し、期待にこたえる使命を
松井選手には求められるだろう。

エンジェルスというチームで
新たなる挑戦が始まった♪


[PR]
by dopi19 | 2010-04-07 03:01 | メジャーリーグ | Comments(2)

日本が2連覇した意味

WBCで日本は韓国に決勝で勝ち、世界一になりました。
2連覇です。偉業です。

岩隈投手がよく投げました。
内川選手うまく打ちました。岩村選手、中島選手ナイスです。
最後はイチロー選手が本当によくやってくれました。

ダルビッシュ投手が打たれながらも
最後はうまく締め、優勝です。

原監督は本当に今回
よく責任と覚悟を持って
トップを引き受け、選手を我慢して使ったと思います。
その姿勢・姿は立派でした

イチロー選手もよくチームの牽引車となり
チームを統率したと思います。

この日本の
政治不信、経済不安、閉塞感ある
暗い雰囲気の社会に
非常に誇らしい、また素晴らしい
話題、嬉しいニュースを届けてくれました。

スポーツの純粋さを感じるとともに
野球の面白さ、決断力の素晴らしさを教えてもらいました。

アジアの結束力の強さ、
日本の集中力と練習に裏打ちされた自信と誇りを
感じ、日本人として、今回のWBC日本代表を誇りに思います。
e0083922_5173589.jpg

日本人は世界で十分通用する。
日本は他国にない良さや強さや我慢さを持っている
そんな自信を植え付けてくれたと思います。

このWBC2連覇は素晴らしい偉業だと思います。
本当によく頑張りました。
おめでとう、そしてありがとう 日本代表!!!


[PR]
by dopi19 | 2009-03-25 05:18 | メジャーリーグ | Comments(2)

三度負けるは恥と知れ

崖っぷちなのかなんとかするはずなのかよくはわかりませんが
とにかくキューバに勝ちました!!
よかったよかった。

日本、準決勝に進みました。
あの小笠原選手の飛球、霧のお陰かは別として
センターがつかみ損ねて
ラッキーな2点先行。

でも一番の勝因はピッチャーの岩隈投手でしょう。
いいピッチングでした。
低めに投げれば外野に飛ばず
内野ゴロになる、お手本のような投球術でした。

そして攻撃陣もエンジンがかかってきました。
イチロー選手も三塁打を含む2安打。
青木選手は4安打です。
四番の稲葉選手もなかなかでした。

快勝ですね。
キューバにこれだけ強いというより
やはり相手に相性というものがありそうです。

あのアメリカもベネズエラには勝てません。

でも!!です。
本日の対韓国戦はもう負けるわけにはいきません。
同じ相手に一度は勝っているものの
三度負けるは恥だと思わなければなりません。
e0083922_783488.jpg

今日の先発は内海投手。
もう彼に託して、とにかく先取点です。
ピッチャーは立ち上がり落ち着いて
フォアボールに気をつけて投げることです。

無失点で切り抜け、攻撃陣の奮起に期待です。
まずイチロー選手が出て、中島選手が続き
青木選手がタイムリーです。
続け続け日本打線。

カギは下位打線でいかにチャンスを作るかです。
あとはピッチャーの踏ん張りです。

今日の日本は祝日。
多くのファンがテレビの前で大きな声援を送ります。

どうか勝って自信を持ってアメリカと当たってください。
頑張れJAPAN!!


[PR]
by dopi19 | 2009-03-20 07:08 | メジャーリーグ | Comments(2)

三度韓国戦

WBCも中盤戦です。

日本はトントンと勝っていますね。
キューバ戦は勝ち方がとてもよかったですね。

松坂投手は非の打ちどころがありませんでした。
打線も火がつきました。

特に印象に残ったのは
やはり岩村選手です。
よく粘ってピッチャーに投げさせました。

チャプマン投手は速くて、攻略できるか
不安でしたが、やはりコントロールが問題で
フォアボールで苦しくなりました。

結果的に果敢に機動力を使うことで
牽制アウトになりましたが
ピッチャーにプレッシャーになりました。

さてさて、三度目の韓国戦です。
この2次ラウンド山場ですね。
勝てば準決勝です。

ここまで今WBCでは1勝1敗。
お互いある程度手の内を知るだけに
もう四つに組んでの戦いです。

先発のダルビッシュ投手が最小限に抑え
とにかく先取点を奪い
試合の主導権を握ることが
勝機になるでしょう。

どちらももう負けられまいと
必死に戦うでしょう。
見逃せない一戦になりそうです。
e0083922_6463230.jpg

ワンセグで見る人かなり多そうですね。
私は持っていません。

打線のカギはイチロー選手と4番おそらく村田選手が入るでしょうが
その二人だと思います。

また原監督がどういう打線で臨むかも
楽しみです。

とにかく優勝目指して頑張ってほしいです。
勝て勝てニッポン♪

[PR]
by dopi19 | 2009-03-18 06:46 | メジャーリーグ | Comments(0)

頑張れ侍時ジャパン!

第2回WBCもアジアラウンドが終わりました。

日本代表、残念ながら韓国戦2連勝はなりませんでした。
0-1は少し気が抜けた結果ですね。

せめて3-4くらいのスコアがよかったです。
それにしても両チームのピッチャーは好投しました。

さてもう日本代表はアメリカに行きました。
今度はサンディアゴで試合です。

おそらくキューバと当たると思われます。
ただオランダがドミニカに勝ったり
オーストラリアはメキシコに打ち勝ちましたし
勝負事は本当にわかりませんね。

対韓国戦で14点あげた日本。
中国相手にやはり14点あげた韓国。
両チームはお互いにいい投手を駆使して
相手になんとか点を与えようとせず
接戦で勝とうとしました。

日本は打てなさすぎです。
できればつないで点をもぎ取ってほしかったです。
e0083922_6525376.jpg

1-1にしてタイブレークなんてのは
少ししびれますかね。

まあ負けても通過しましたから
よしとして、次です。

そして充分また韓国戦が考えられますから
今度は雪辱してほしいです。

上を目指すのは大変です。
2連覇は厳しいですよ。
勝つべきところで勝たねば
優勝はできませんから。

とにかく頑張れニッポンです♪


[PR]
by dopi19 | 2009-03-10 06:54 | メジャーリーグ | Comments(2)

いよいよ終盤

プロ野球、MLBとも終盤になりました。
クライマックスシリーズはとうとうパが決まりました。
西武は今期初めの予想を覆して見事な優勝でした。

セリーグは巨人と中日が争っています。
短期戦に強いのはどちらかというと
今までの経験から中日に分がありますから
巨人はしっかり守り、クリーンアップの前にランナーをためることですね。
どちらが優勝しても西武とは
過去熾烈なシリーズを戦ってきましたので
面白い日本シリーズになるでしょう。

さてさて、MLBはとうとうワールドシリーズです。
レイズの初優勝、フィリーズの15年ぶり出場で
ここのところはなかった対戦になりました。

岩村選手や田口選手がいるので
日本人としても鼻が高いです。

レイズはピッチャーも、打者も若い選手が多く
非常にフレッシュです。
ピッチャーはガーザ、カズミアを中心として、抑えも若い投手が多いです。
バッターも4番がルーキーのロンゴリア、
アプトン、ペーニャ、クロフォードもいいバッターです。

対するフィリーズハメルズを中心としたピッチャー陣、
ハワードやアトリーのホームラン打者、ロリンズは一番でかき回す選手です。
監督が昔ヤクルトで活躍したマニエルさんです。
e0083922_7301978.jpg

レイズは初の、フィリーズは2回目の優勝を目指します。
第一戦が今日の朝9時ころから始まります。

野球は面白いです。
駆け引きや読みがあり、それを見ながら感じ取れ、
微妙な心理戦、テクニックやパワーも見どころです。

さあプロ野球もメジャーも
どこが優勝でしょうか。興味は尽きません。
白熱した試合が見たいですね♪




[PR]
by dopi19 | 2008-10-23 07:31 | メジャーリーグ | Comments(0)

お疲れさま 野茂英雄投手

野茂英雄投手が引退を決めたそうです。
今年のピッチングはもう衰えを隠せないほどでしたね。

でも最後までメジャーのマウンド
アメリカの野球のこだわり続けた心意気は
本当に見習わなければなりません。

村上雅則さん以来誰も行ったことのない
メジャーのマウンドに挑戦した
本当のパイオニア。

日本、アメリカのメジャー、
誰もが本当に通用するのかと
半分疑うような気持で
野茂投手を見ていました。

ドジャースに入り、そのトルネードを生かし
大活躍、一転野茂フィーバーを起こすまでに
なりました。

しかもオールスターにも出場、
その後初めてノーヒットノーランも記録します。

ドジャースを去り、
いろいろな球団を渡り歩きます。
それでもメジャーで投げることにこだわります。
e0083922_5283731.jpg

ボストンで2度目のノーヒッター。
これは私もテレビで見ましたが
すごかったです。

あくまで自分のスタイルにこだわり
相手をきりきり舞いさせるピッチングで
私たちを魅了させてくれました。

日本球界からアメリカメジャーリーグへの
懸け橋となり
今の日本人選手のお手本でした。

野茂英雄投手、本当にお疲れさまでした♪

[PR]
by dopi19 | 2008-07-18 05:29 | メジャーリーグ | Comments(2)

マリナーズ珍プレー

昨日のメジャーで珍しいことがありました。
なんとマウンドにキャッチャーが上がるという
普通はありえないことが起きました。

マリナーズ対タイガースは昨日
1対1のまま延長戦になりました。
メジャーは引き分けがありません。
何回になろうと試合は決着がつくまで
行われます。

そんなわけで昨日の試合も15回になり
マリナーズはピッチャーを使い果たし
苦肉の策でピッチャー経験がある
キャッチャーのバーク選手をマウンドへ。

残念なことに打たれて
試合に負けました。
しかも負け投手になるというおまけつき。
e0083922_6433033.jpg

15回ならもう少し投手のやりくりはできなかったのでしょうか。
監督は全力を傾けて
ピッチャー使い果たしたんですね。
勝ちにいった結果です。
仕方ないですね。

イチロー選手もマウンドに上がれるのではないかと
ひそかに期待していたらしいですが
願いはかなわなかったようです。

しかし日本ではまず考えられないことですね。
ピッチャーが代打というのは聞いたことありますけど。

でもバーク投手お疲れ様でした。
もう2度とマウンドにはあがりたくはないでしょうね♪

[PR]
by dopi19 | 2008-07-08 06:44 | メジャーリーグ | Comments(0)

不屈の心 薮恵壹投手

今、3年ぶりのメジャー復帰で
サンフランシスコジャイアンツで
中継ぎとして頑張っています。

この2年間、特に昨年は
どこの球団にも属さず
一人黙々と練習に打ち込み
メジャーへの復帰を夢見て、というか
不屈の心で必死に闘っていました。

今年で40歳になる藪投手。
阪神時代の速球は鳴りをひそめましたが
今でもその間合いをとり
切れのいい変化球で打者を打ち取る
技巧的なピッチングは見事です。

私は昨年の藪投手を追った
テレビをたまたま見て
それから彼を応援したくなりました。

一度は2005年にオークランドで
メジャーの経験はある薮投手。
それが昨年は単身アメリカで
食事も自炊で、しかもある一日は
ご飯にふりかけをかけて食べていました。

アメリカでは満足な日本食はとれなくて
またそういう食品は高いのだそうです。

必死でメジャーへの道を模索した薮投手。
あきらめず、腐らず、投げ出さず、
一心に自分の目標に向けひたすら努力する。
e0083922_661313.jpg

その結果中継ぎで決して日の当たる役目とはいえませんが
どうしてどうしてメジャーでプレーできるだけでも
本当に素晴らしいことです。

この間打線が逆転し、勝利投手になりました。
まだまだ老け込まないでください。

オッサンの希望の星となってくださいね♪

[PR]
by dopi19 | 2008-04-27 06:07 | メジャーリーグ | Comments(0)