カテゴリ:ドラマ( 33 )

トットてれび

4月30日からNHKの土曜ドラマの枠で
始まります。
なにを期待しているかというと
キャストです。

黒柳徹子さん役を満島ひかりさんが
演じます。
どんな黒柳さんを演じるのか
満島さんの個性的な魅力と相まって
楽しみです。

そもそもNHKのテレビ創世記に
黒柳さんは職員として
しかも専属の出演者として
入って、
あの「夢であいましょう」を
ほぼ生放送で
つくっていました。
e0083922_16414065.jpg

あついテレビの始まりの時代。
果たしてどんなドラマになるのか
今はなき渥美清さんや向田邦子さんも
出てきます。

待ちきれないですね。

[PR]
by dopi19 | 2016-04-10 16:42 | ドラマ | Comments(2)

てっぱん 瀧本美織さん

なんでもない内容ですこぶる面白いという感じのドラマです。
ただし設定にすごく工夫がなされています。

主人公のあかり(瀧本さん)は広島尾道の鉄工所の娘。
両親と二人の兄と5人で生活しています。

ところが本当はあかりのお母さんは別にいて
もう亡くなっていることが分かります。
でも、あかりのおばあちゃんは大阪に健在。

そんな話であかりが大阪でおばあちゃんの
後を継ぐがごとくお好み焼き店でいろいろな人との
おかしくも切ない話を繰り広げていきます。

何よりの魅力は主人公あかりの前向きさ。
瀧本さんが体当たりで生き生きと演じています。

共演の母親安田成美さん、おばあちゃんの富司純子さんも
きれいでいいですねえ。

なにせあかりが試行錯誤しながらも
自分の人生をしっかり見つめて
なおかつ人に思いやりや誠実さを持って接し
人のために生きていることが心を打ちます。
e0083922_5563218.jpg

瀧本美織さんが一生懸命演じているのが
好印象を受けます。
毎日見るのが楽しみです。

今後どう展開していくのか、あかりの生きる道は
どうなるのかやきもきする日々です♪

[PR]
by Dopi19 | 2010-12-24 05:57 | ドラマ | Comments(0)

ゲゲゲの女房

もう今週で終わるとなると、とても切なくなりますね。
それだけいい内容でした。

二人が一度の見合いで結婚し、どうなるのかと思っていました。
漫画を描いても描いても貧乏から抜け出せない。
このドラマの中心は、貧しさの中で、どう人は生き抜くのか、という
テーマを含蓄しているようでもありました。

布美枝は困ってもなんとかする人でした。
茂は漫画を精魂こめて描いていました。

そんな二人は貧しくも、けなげに頑張って生活します。
それが視聴者の心を打ったのかもしれません。

二人が出会ういろいろな人とのふれあいも
このドラマの核になっていました。

子供が誕生し、すっかりおとうちゃん、おかあちゃんになり
少しずつ生活も安定していきます。
e0083922_527349.jpg

このドラマヒロインは受け身です。
決して自分から運命を切り開くわけではなかったです。
茂に寄り添い、決して自己をあからさまにしませんでした。

そんな夫婦の物語、今もモデルの水木夫婦はお元気だとか。
ゲゲゲの鬼太郎より今度はゲゲゲの女房が
有名になってしまいましたね♪

[PR]
by dopi19 | 2010-09-21 05:29 | ドラマ | Comments(0)

東京リトルラブ

4月から月木深夜0時半ころからミニドラマとして
「東京リトルラブ」という番組が放送されています。

全国に放送されているかはわかりませんが
フジテレビ系で放映中です。

このドラマひょんなことから
台湾から来た女性と、日本の青年が出会い
恋におちるというストーリーです。

恋の行方はどうやらおもわしくないのですが
出会い葛藤する台湾の女性がかわいくまたけなげで
男性は日本の刑事なのですがなぜかとても優しいのです。

お互いひかれあい
恋になるのですが、女性がどうしても台湾に
帰らざるを得なくなり、それで話は一度終わります。

7月からは新たな台湾のもう一人の女性の
恋物語が始まります。
というより、いろいろな男女の恋の絡まりあいといったところでしょうか。
この話もなかなかで、面白かったです。

台湾の女性が再び日本に来て
刑事の男性と再び出合います。
話はそこまでです。

切ない恋の話です。
放送中も(現在も進行中)なんだか見ていて
切なくもあり、応援したくもあり、うまくいくのかと思いきや
だめになったら、再度話が始まるという
はらはらな展開。
多くの方に見てもらおうと
書こう書こうと思いつつ、とうとう終りに近くになってしまいました。
e0083922_16151611.jpg

今からでも遅くないとは残念ながら言えません。
深夜でもこれだけの濃い内容のドラマができるのだと
制作スタッフに拍手を送りたい気持ちです。

今後もこういうドラマが増えてほしいですね♪

追記 フジテレビのサイトでドラマのダイジェストが動画になっています。
見てみてください。

[PR]
by dopi19 | 2010-09-14 16:18 | ドラマ | Comments(0)

つばさ 多部未華子さん

なんだかすごく面白いドラマです。

放浪の母、と二十歳のオカンとのテーマで始まり、
現在は愛について考察中のドラマ。

もちろんこのドラマ、NHKの朝ドラです。
多部さんは初主演だと思います。

多部さんの演技はフレッシュで
しかもパワフルでもあります。
彼女がタフさがあるんでしょうね。
見ていて線は細い気がしますが
芯に強いものを感じます。

母親が高畑淳子さん。
存在感がありすぎます。

コミュニティーFMと和菓子屋である甘玉堂を
舞台にして、織りなすおかしくも
真面目な人間模様。

つばさは主人公の名前です。
多部さんが体当たりで頑張っています。
e0083922_555512.jpg

個性的な出演陣も魅力です。
松本明子さん、宅間孝行さん、ローリーさん
西城秀樹さんまで出ています。

まあ統一されたテーマみたいなものは
ないのですが、出演者が
それぞれ問題や悩みを抱えながら
それにつばさが首を突っ込んでは
うまく解決していくという
前向きなドラマです。

朝必ず見ているわけではないのですが
やはり一日一回見ていると
癖になるもので
このつばさも見始めて3カ月。

充分日々の楽しみになって
生活の一部です。
今後の展開が楽しみです♪


[PR]
by dopi19 | 2009-06-24 05:55 | ドラマ | Comments(0)

宮﨑あおいさん 「その夜明け、嘘」

行ってきました。宮﨑あおいさんの舞台です。
2月16日に渋谷から15分くらい歩いた
青山円形劇場で公演がありました。

チケットは奇跡的に取ることができました。
まさか本当に宮﨑さんにお目にかかるとは
想像していませんでした。

当日18時ころ着き、待っていました。
下調べしておそらくかなり近くで見られるなとは
思っていましたが、なんと前から3列目!!

しかも円形劇場というだけあって
舞台が丸く、その周りを円形状に囲むように
客席が設けられています。

これにはびっくりしました
こんなに至近距離であの宮﨑あおいさんを見られるのです。
嬉しかったです。

公演は19時スタート。
3人の俳優さんが努めます。
ほかには吉本菜穂子さん、六角精児さんが出ました。

内容はかなりシュールなのですが
コメディですから笑えました。

宮﨑あおいさんはやはり堂々たる演技でしたね。
顔が小さくてそのうえ結構長身で、痩身ですから
10頭身くらいに見えました。

それにテレビそのままのかわいさです。
笑うとはじけるようなキュートさでした。

でも芯が強く、かなりしっかり者の感じがします。
見ていて演じることが楽しくて仕方ないという感じでした。

吉本さんも六角さんも見事な演技でした。
舞台はやはり大変ですね。
汗だくで演じていました。

走り回り、かなりの声量と激しいセリフで
ぶっ続け2時間。
ただ見ているほうは、1時間くらいにしか感じさせない
見事で充実した舞台でした。

こんな間近で宮﨑あおいさんを見られて
幸せです。

また機会があれば演劇も見たいと思う
そんな爽快感が残る舞台でした♪

e0083922_6195369.jpg

[PR]
by dopi19 | 2009-02-18 06:20 | ドラマ | Comments(0)

竹内まりやさんのナレーション 「だんだん」

NHKの連続テレビ小説が
新しいシリーズになりました。

「だんだん」というタイトルです。
だんだん、というのは島根のほうで
ありがとう、という意味だそうです。

双子の姉妹が離れ離れになっていて
ある機会で知り合い、だんだん生い立ちがわかっていくという
ストーリーです。
まだ先はわかりません、、、

さてこの番組のテーマ曲は
竹内まりやさんが担当しています。
朝のさわやかな時間にはぴったりの
いい感じに仕上がっています。

始まった第一回で
どうもナレーションが
アナウンサーでも女優さんでもない、
さて、でもどこかで聴いたことのある声。
e0083922_5463194.jpg

よーく考えると
「えっ、竹内まりやさん!」
自信がないので
ビデオでクレジットを確認すると
やはりそうでした。

歌手、しかもほとんど経験がない
竹内さんを起用したということも驚きですが
そのナレーションのうまさにも驚きました。

才能というのは一人一つではないと思います。
竹内さんの落ち着いた魅力ある声で
「だんだん」もますます面白くなると思います♪



[PR]
by dopi19 | 2008-10-18 05:47 | ドラマ | Comments(0)

ラストフレンズ

4月から始まった1時間ドラマで
唯一見ているのがラストフレンズ。

まあチェンジも始まると見ると思いますが。
でもこのラストフレンズかなり思い切った
すごい作り方をしていると思います。

設定と背景が奇抜ですね。
長澤まさみさんがDVを受ける役。
そのDVをするのが錦戸亮さん。
長澤さんを好きなのが上野樹里さん。

複雑かつ驚愕な設定と
その中でルームシェアと愛憎の機微を描く
ストーリーです。

今まで純粋な役が多かった
長澤さん、上野さんだと思いますが
今回はずいぶんイメージを変えてしまいそうな
難しい役です。

なにより現代の闇にあるような
DVや同性愛、親と子の関係など
いろいろな人間の問題に切れ込んでいます。

見ていてあの長澤さんにDVをする錦戸さんの
狂気的ともいえる演技は必見ですね。
それに堪えて、ぎりぎりまで我慢するも
遂にあまりにもひどいことをされ
上野さんに助けを求めた長澤さん。
前回はそこで終わりました。
e0083922_4444693.jpg

物語は現時点ではもうある程度過去のことを描き
回想風な物語です。
でも結末はきっと衝撃的なことが隠されているのだろうな
それもこれからいろいろなストーリーーの中で
波紋があるのだろうなと
とても興味が出てきます。

ドラマの途中で内容を明かすつつ
書くことはあまり好きではないのですが
このラストフレンズはかなりの問題作と判断して
紹介することにしました。

若い俳優さんが中心で
特に瑛太さんは同時に「篤姫」にも出られているので
比べると面白みがあります。

とにかくこれからが楽しみなドラマです。
見るべしと言っておきましょう♪

[PR]
by dopi19 | 2008-04-28 04:55 | ドラマ | Comments(2)

ちりとてちんが教えてくれたこと

NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」が終わりました。
半年間見続けて良かったと思います。

ちりとてちんを見て一番感じたことは
自分がだめだと思っても自分が信じた道を歩めば
道は必ず開けるということです。

喜代美はマイナス思考で
決していい青春時代を送ったとはいえません。
でも最終的には落語家になり
愛した草々兄さんと結ばれ
幸せな家庭を築きます。

見ていて本当にさわやかでした。

でもこのドラマでもっと大切なことがあると思います。
それは母親の愛だと思います。
最後に喜代美は自分の母、糸子のように
生きたいと思い、そうします。

糸子がいかに子どもである
喜代美を心にかけていたか。
なにかあると小浜から大阪に
飛んでいくことがしばしばでした。
e0083922_6523458.jpg

自分の幸せは家族、ならびに子どもの幸せ。
自分はいつも後回し。
家族のために尽くして生きていく。
そんなけなげな姿に喜代美も心打たれたのだと思います。

最後にこのちりとてちんは
落語の素晴らしさをいかんなく教えてくれました。
おかげで落語をよく見たり聴いたりして楽しんでいます。

本当にいいドラマでした。
いつまでも心にとどめておきますね♪

[PR]
by dopi19 | 2008-04-01 06:53 | ドラマ | Comments(0)

香取慎吾さん 「薔薇のない花屋」

書きたい書きたいと思いつつ
とうとう終わってしまいました。

本当にいいドラマでした。
少しストーリーが複雑で
ありえない設定もありましたが
でも全体を通して、汐見英治という男性の
生き方にとても魅力を感じ
その役を本当に穏やかに演じていた
香取慎吾さんに好感を持ちました。

相手役の竹内結子さんも適役でした。
ただのラブストーリーではなく
人間としての生き方、親子の情愛
自分をないがしろにしても人に尽くすという心
人に対する優しさなど
教わったことが多すぎるくらいのストーリーでした。

最終的にはハッピーエンドで
満足しています。

汐見の生き方が幸せな人生が続く一番の理由だと思います。
汐見の生き方は凄く不器用で
また自己犠牲の上に立っているのですが
それは子どもの頃に受けた虐待も関わっていたと思います。
e0083922_602770.jpg

それにしても本当に優しい英治の役を
香取さんは好演していました。

やはり脚本がいいとドラマも引き立つなあと感じました。
久しぶりの野島伸司さんの連続ドラマでしたが
いい内容、いいキャストでした。

ここのところフジの月曜9時枠は秀作が多いです。
次は木村拓哉さん主演とか。
期待大ですね♪

[PR]
by dopi19 | 2008-03-26 06:01 | ドラマ | Comments(0)