2006年 12月 01日 ( 1 )

村上春樹さん 「ねじまき鳥クロニクル」

今年最後の本にしようと買ってからなかなか読まずにいました。
でも読み始めたら面白くてとまらなくなり
一気に3部(3冊)読んでしまいました。

とにかくこの壮大な構成というか世界観は
どこから来るのかという圧倒されるほどの内容でした。

主人公岡田トオルとそれを取り巻く
多くの登場人物、その背景にある世界、歴史、事実と
岡田が経験する不思議な体験
現実とその奇妙な体験がクロスオーバーする
その内容は見事に一致していました。

つまり最終的にあらゆる事柄が
すべて帰結するように描かれています。
伏線を張りつつ、読者にはわかりにくくしておいて
最後に結論を導きだす。
はっきりとした結論でないし
ハッピーエンドではないところがまた憎らしいです。

私は間宮中尉の話、加納クレタの体験が印象に残り
そしてやはり最終の第3部の分厚い文庫本の内容が好きです。
e0083922_4562477.jpg

主人公の逃れたくとも逃れられない
というより逃げない
その不思議な世界への挑戦がこの物語の
主題だと思います。
それが主人公の妻のおかれた世界や
間宮中尉の井戸、
綿谷ノボルの恐ろしい力
それらすべてへの挑戦と結果を出す力となっていると思います。

とにかくわけがわからないところもあるのだけれど
この本の内容は
あらゆるところに魅力がちりばめられ
読後感は満足でいっぱいでした。

いい小説でした。
読んでも損はありませんよ♪

[PR]
by dopi19 | 2006-12-01 05:04 | ブックス | Comments(0)