新しい風 オーストラリア対ドイツ

ドイツは常連組を招集しなかった。ポドルスキ、エジル、クロースなどだ。

でも若いいい選手がこの大会で花開いた。


再三の好機をよく活かしたドイツだ。

立ち上がり5分で1点をとる。


優位に進むかと思ったら

41分オーストラリアが追いつく。


しかし、オーストラリアはドイツにPKを44分に

与えてしまう。

これがなければ試合はどう転んだかわからない。


打ち合いの様相も呈してきたが

やはりドイツの新風があった感じはする。

動きが軽快だった。


しかしオーストラリアはあきらめず

手数は多かった。

48分ゴレツカが決めて試合は決まった。

しかしオーストラリアも56分1点返して

まだあきらめない。


ドイツは落ち着いてその後試合を制した。

なんだかあまり様子がわからない文章になった。

e0083922_00333922.jpg

というのもセカンドハーフは

私は睡魔と戦っていたので

あまり記憶がない。ご容赦を。


いずれにせよ、ドイツの新しい船出かもしれない。



[PR]
by dopi19 | 2017-06-22 00:34 | ワールドカップ | Comments(0)


<< それでもチリはタフだった ポル... 縦へのこだわり カメルーン対チリ >>