それでも僕らは生きていく 2016年のおわりに

災害は生きていく上でつきものです。
でもできればあわない方がいい。
でも起きるのです。

あの東日本大震災で我々の価値観は
まったくといっていいほどかわりました。

それでも毎年災害を目にするたび悲しくなります。

今年は熊本で震度7の地震、鳥取で震度6弱の地震がありました。
熊本では避難された方が膨大で
私も驚きました。

信じられないことが次々起こるのです。
最近では糸魚川市で大規模火災が起きました。
この火災は人災的な側面もありますが
おりからの強風が火災を大きくしました。

私たちには減災という手段があります。

防災の意識を持ち、
危険が迫ったらすぐにしかも安全を確保して
逃げるのです。

水害や2次災害にはこの避難は効果的です。

あの津波でも逃げた方々が多く助かっています。

ときには災害のためになにができるか
考えて行動することが必要だと思います。

なにかしておいて無駄なことはない。
備えること、意識を持つことが大切だと私は考えます。
e0083922_19582446.jpg



[PR]
by dopi19 | 2016-12-31 20:00 | ブログ | Comments(0)


<< それでも僕らは生きていく 2017 リオ五輪 フットボール 日本対... >>