リオ五輪 フットボール 日本対スウェーデン 無念の勝利

夢はあっていい。
それがどんな分野でも目指すのは一番だろう。
このオリンピックでも一番はかならず出る。

ただみんな努力や練習はしている。
そして勝者と敗者はいる。

日本のこの世代のフットボールは弱いと言われた。
でも世界で戦った。
リオオリンピックでは出だしが悪すぎた。

この日の勝利は決して無駄ではない。
次につながるものだ。
たまたまめぐり合わせで
どうにもならない運命があった。

勝って悔し涙を流すつらさは
あまり経験する人はいないかもしれない。
e0083922_11205183.jpg

胸を張ってほしい。
1勝1敗1分けである。
恥ずかしい結果ではない。

この悔しさを次の機会
つまりワールドカップへの糧にして
今後も鍛錬を積んで欲しい。

お疲れさまでした。

[PR]
by dopi19 | 2016-08-12 11:22 | スポーツ | Comments(0)


<< それでも僕らは生きていく 20... リオ五輪 フットボール 日本対... >>