リオ五輪 フットボール 日本対ナイジェリア デフェンスの穴

日本はいったい何をしてきたのか。
このデフェンスの穴というのは、穴を突かれて得点された
ということではない。

穴つまり致命的な欠陥があったということである。
5点はなにもそんなにという感じ。
いずれもナイジェリアの選手に簡単に振り切られている。
それもクリアミスが何度もあった。

4バックは機能していない。
藤春はどんどん飛び出していくし
緊密さがない。
CBはいったいどう守ろうという意志があったのかと思う。

私は本来人や物事をけなしたくない。
だが昨日は参った。
ほとほとこの日本のデフェンスは意思統一がない。

4点もとったという方もいるかもしれない。
それは相手のコンディションが悪いせいだ。
もともと遅れてブラジル入りしたことに
なにか優越感があったとは思いたくないが
どうもそんなフシもある。
e0083922_16112862.jpg

さて8日(日本時間)のコロンビア戦であるが
負けたら終わりだ。
日本へ直帰である。
だがこのチームはその可能性がある。

相手は南米の雄である。
気を引き締めないとまた同じ繰り返しになる。

しっかりとしたチームリーダーがいないところに
根が深い問題がある気がしてならない。

[PR]
by dopi19 | 2016-08-06 16:13 | スポーツ | Comments(0)


<< リオ五輪 フットボール 日本対... 栄冠への執念 ポルトガル対フランス >>