それでも僕らは生きていく 2014年のおわりに

 近年、災害が頻発するようになった感があります。
決して人ごとと決めつけるのはよくないです。
 今年はやはり広島の水害や御嶽山の噴火が記憶にあります。
いずれもひどいことになってしまいました。

 来年が阪神淡路大震災から20年だそうです。
もうそんなに経ってしまったとなんだか時のはやさに戸惑うばかりです。
阪神淡路大震災を知らない子供もいるかも知れません。
 そして東日本大震災がおき、ただならぬ空気が日本中を覆ってしまいました。
特にいまでもやりきれないのは福島の方々だと思います。

 私はこの文章を震災後初めて書いた時「福島第二原発」と間違えて書きました。
直そうとも思いましたが、その時の混乱ぶりを表すにはいいかなと思い、訂正していません。
 原発事故もあとになり驚きましたが、あの津波の破壊力には
冷静さを失いました。
e0083922_6511542.jpg

 もう毎日思い出すことでは、なくなってきたのかも知れません。
でも同じ災害はまたあります。その時どんな行動を取れるか。
適切な判断や避難をするため、日頃から心がける必要があると思います。

 2度と起きては欲しくありません。でもかなりの確率で地震は起きるようです。
気をつけても回避できないこともあるかもしれません。

 ひとりひとりが過去の震災から何を学びとるか、それが現状の
一番の方策だと私は思います。

 

[PR]
by dopi19 | 2014-12-31 06:53 | ブログ | Comments(2)
Commented by 華菜 at 2015-01-02 00:41 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

あまりコメントできていなくて、すみません。

東日本大震災は自分も体験したことですし、学びました。
Commented by dopi19 at 2015-02-05 03:46
華菜さん、コメントありがとうございます。
返事が遅れて申し訳ありません。

私もなかなか他の方のブログを
見ることができません。
自分のブログを書くこともままならないですから。

できればこの春から
しっかり書きたいとは思っています。
またコメント寄せていただければ幸いです。


<< おはよう日本 刷新 大瀧詠一さんが遺してくれたもの >>